販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

GS世代攻略のポイントは?

かつてのザ・タイガースの「ピー」こと瞳みのる(本名:人見豊)さんが40年振りに沢田研二さんのコンサートツアーで復活するということで、ファンの間で盛り上がっていますが・・・

今回ご紹介するGS世代とは「ゴールデン・シックスティーズ(GS)」世代で、輝ける60代と言えるでしょうか・・・まさしくグループサウンズ(GS)の世代で「GS世代研究会」という60代の消費喚起を研究する集いも活況です。

ひと昔前の60代と違い、今の60代の方々は消費意欲が旺盛で自らの好奇心を満たすことにも積極的です。

では、今後も増加して行くであろう、この世代の特徴と攻略法を考えてみました。

 

特徴・・・

世間では「シニア」と言う括りだが本心では「シニア」と呼ばれたくない。

 7歳若く、5kg軽く、3cm細く見られたい。(753の法則)

 健康・環境・観光・教育に非常に興味が高い。(4Kの法則)

 子供・孫への買い物でクレジットカード利用率が高い。

 パソコン利用率(ネット通販利用率)が急速に拡大している。

 “縁”を求め仲間が集える企画へ参加する。

 

ざっと消費関連で挙げてみると上記に集約されると思います。

では、この世代の方々にどうやってお客様になってお金を使って頂くか?

その攻略法は・・・

“シニア目線”ではないでしょうか?

本心では「シニア」と呼ばれたくないのですから「シニア専門」というキーワードは敢えて使わず。

見やすさ、使いやすさ、分かりやすさを様々なポイントで“シニア目線”で見直してみることです。

これで結果的には、どの世代にも伝わり易い情報発信が出来るのではないでしょうか?

ネット上のやり取りにしても、結局、人と人とのアナログ的な接触から信頼関係が築けます。

 

GS世代の方々は新たな需要のヒントなどいろいろと教えてくれそうですね!

 

※Point

 シニア世代は「シニア」と呼ばれたくない!

 “シニア目線”での改革が全ての利益率アップにつながるヒントの可能性が大きい。

英彩人 旬報 2011年7月号より

コメントを残す

*