販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

SEO対策・・・コンテンツが命

最近、検索エンジン大手のGoogleが検索アルゴリズム(検索結果の並び順を決める決定法則)の変更を頻繁に行い、検索順位も頻繁に変動しています。

これは“過剰SEO”サイトの排除が目的のようで、中には存在している「悪徳SEO業者」の排除もあります。 これで数年前から続いていた“SEOバブル”も終わりを迎えるようです。(※作為的なリンクや隠しテキスト、無意味な相互リンクなどが過剰SEOに該当するようです。)

冷静に考えてみても、毎月数万円の費用を掛けて特定のキーワードで「検索結果1位」または「検索順位で1ページ以内」になっても問い合わせや注文が必ず増えるとは限りません。

 

では、本当の「SEO対策」とは、どんな対策をすれば良いのでしょうか?

それは・・・

「ホームページを見る人にとって価値の高い情報(役立つ内容)を分かりやすく掲載しているサイト」になります。

これは、ごくごく当然の事を言っているように感じますが、「見る人にとって価値の高い(役立つ)内容・・・」が、なかなか難しく重要です。

その理由は、自分の業界では当たり前(常識)と思っていることを、そのまま掲載している場合が多いからです。

では、具体的にどんな方法で掲載内容を作れば効果が高いのか?考えてみました。

 

1.     どんな人(お客様)に見てもらいたいか? 対象を絞る

2.     見る人(お客様)の悩み、今まで抱えていたるであろう問題を列挙する。

3.     自分の商品・サービスが、お客様の悩み・問題をどう解決できるか? その可能性があるか?詳しく説明する。

4.     業界の専門的な内容を、誰にでも分かるように説明する。

(専門用語を使わず、可能な限り業界の裏情報も載せる)

5.     頻繁でタイムリーな情報更新で、お問い合わせを常に呼びかける。

 

以上の項目になりますが、これはホームページに限らず店頭での接客や営業トーク、店内POP、チラシの掲載内容など全てに共通すると思います。

やはり商売の王道は全て共通しているということでしょうね!

 

 

※Point

ホームページの最適化とは?

検索エンジンに合わせるのではなく・・・

ページを見る人に価値のある情報(内容)を分かりやすく届けること。

※コンテンツの充実

英彩人 旬報 2012年6月号より

コメントを残す

*