干し芋(ほしいも・干しいも)専門店 「あまいも-Amaimo-」 誕生ストーリー

干し芋 あまいも

 

 

 

 

 

私の「地域ブランド」プロモーションの第1弾 干し芋専門店「あまいも-Amaimo-」をご紹介します。

現在の「あまいも-Amaimo-」は、干し芋提供の生産農家さんが茨城県ひたちなか市の大須賀農園さんです。

最初の生産農家さんは、同じく茨城県ひたちなか市の大和田農園の大和田さんです。
この大和田さんとの出会いがスタートの切っ掛けでした。
大和田農園の大和田さんとは、現在別のプロジェクトを企画中ですので、そちらで詳しくご紹介致します。

 

私も幼少時代から、「おやつ」と言えば地域的に「干し芋」「干し柿」「スルメ」と決まっていました。
揃って固い食べ物なので、そのお陰かどうか?歯並びや歯は丈夫です・・・

中でも「干し芋」は、お歳暮では欠かせない商品で、私自身も毎年数十キロと贈っていました。
そんな折の2003年秋に、営業先のお客様の紹介で大和田さんと出会います。

大和田さんは、主に茨城県ひたちなか市の特産品である「干し芋」をインターネットで販売したいと以前から考えている。ということで相談を受けました。

私も「干し芋」は昔から大好きで食べていましたから、全国にPR出来るならば遣り甲斐も大きいだろう! と感じました。

 

それから、「干し芋」のリサーチに入りました。

 

大和田さんとも「せっかくだから面白いことやりましょう!」ということで意気投合してましたので、少し視点を変えて傍観することに・・・

そこで気づいた干し芋のイメージが、「ダサい」「田舎臭い」「野暮なパッケージ」「美味しそうに見えない」・・・と、こんな具合です。

茨城県の生産者の方々からすると、こっぴどく怒られそうな言葉ですが、このイメージを引っくり返せば目立つのでは? と単純に考えました。

 

それで誕生したパッケージがこれです。

干し芋 あまいも

 

 

 

 

 

あまいも 干し芋

 

 

 

 

 

あまいも 干し芋

 

 

 

 

 

あえて「茨城県の特産品 干し芋」とは、一切入れません。

 

ネーミングも「干し芋、ほしいも」では、面白くないので作ってしまえ!

ということで、干し芋は甘い・・・甘い芋・・・あまいも・・・

「あまいも」は、どう?

OK、それで行きましょう!

と、数分で決定。

お洒落にロゴマークも作り「あまいも-Amaimo-」としました。

当時としては、かなり斬新だったと思います。

 

そして、いよいよオンラインショップの開設です。

ここまで企画が進むと、もうコンセプトは固まりました。

「田舎の特産品のイメージ」→「30~40代の女性向けスウィーツ」へ

「ロハス」というキーワードも流行していた時期なので、健康や環境問題に関心の高い子供を持つ30代~40代の女性に買ってもらいたい商品に一致しました。

 

 

食べ方も、炙っても美味しいです。

私は酒は全く飲めないのですが、芋焼酎にピッタリ合うという人も多いです。

 あまいも 干し芋

 

 

 

 

 

よく「カビが生えた!」と勘違いされる白い粉

粉が出ると熟成した時期、これが美味しいという人も中にはいます。

干し芋 あまいも

 

 

 

 

 

 

干し芋を細かく刻んで、炊き込みご飯にしても美味しいです。

あまいも 干し芋

 

 

 

 

 

 

他にも、パンに塗って焼いたり、プリンに入れたり、ケーキに入れたりと色々試してみましたが、やっぱりそのままの「干し芋」を食べるのが一番でしたね!

あまいも  干し芋

 

 

 

 

 

 

 

干し芋専門店「あまいも-Amaimo-」は、2005年シーズンから発売をスタートします。

詳しい内容は控えさせて頂きますが、全国のお客様にご好評を頂き、天候不順や注文殺到時の対応など、お客様にご迷惑をお掛けする場面が発生することはありましたが、通販サイトとしては成功を収めさせて頂いております。

地域ブランドの販売プロモーションやネット通販のお客様対応などなど、数多くのデータやノウハウを得られたことも、私にとっては非常に収穫です。

 

 

さて、2011年シーズンからは大和田さんが西洋野菜生産や飲食店事業などへ乗り出すということで、干し芋サプライヤーが大須賀農園の大須賀さんにバトンタッチしました。

あまいも 干し芋

 

 

 

 

 

大須賀さんの畑も、茨城県ひたちなか市でも最も美味しく生産される地域である沿岸部です。

なぜ沿岸部が美味しい干し芋が出来るのか?

その秘密は、土壌が火山灰土で水はけが良く鉄分が豊富であることです。
土が赤っぽくサラサラなので乾燥した風が強い日は、空が赤く染まるほどです。

強いて言えば乾燥地帯のイタリアの野菜、特にトマトなどの味がとても濃くなるのと同じです。 雨が多く水分が多いと大味になりがちですね。

また夏は沿岸部なので比較的涼しく、秋冬は日中の温度差が大きく、真冬は阿武隈山系からの風が吹き込む独特の地形で寒さが厳しくよく乾燥するという気候と地理的に有利な条件が揃っています。

原料芋を掘り出した後、約1か月ほど芋を寝かせる「糖化」作業があります。
この時期も朝晩の冷え込みと温度差があるほど芋の糖化(甘くなる)が進みますので、この周辺は地域的に最適な条件なのです。

私から言わせると「奇跡」的な揃い方だと思います。

ですので、本当に美味しい「干し芋」を選ぶ時は、ひたちなか市沿岸部周辺で生産された「干し芋」を選ぶのがポイントです。

 

あまいも 干し芋

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年は、東日本大震災の原発問題で影響が心配されましたが、放射性物質検査は「不検出」でした。
この検査も、まず原料芋を掘り出して1回目。
そして、干し芋は最後に天日で乾燥仕上げを行いますので、出来上がった状態で2回目と合計2回の検査を独自に行いました。

正直、とても心配しましたが放射性物質は検出せずということで、本当に安心しました。

しかし、所謂「風評」は存在しますので、本当に理解して頂ける方にご購入して頂けるように今現在出来ることを、しっかりとこなすことしかないと思っています。

 

大須賀さんの特徴は、品種の豊富さです。

 

あまいも 干し芋

 

 

 

 

 

あまいも 干し芋

 

 

 

 

 

あまいも 干し芋

 

 

 

 

 

あまいも 干し芋

 

 

 

 

 

干し芋 あまいも

 

 

 

 

 

あまいも 干し芋

 

 

 

 

 

 

干し芋と言えばタマユタカの平干しがスタンダードです。

もちろん、「あまいも-Amaimo- 平干し」も人気ですが。

「あまいも-Amaimo-」は、丸干しシリーズを充実させました。

品種も王道の「タマユタカ」に、希少で最高級の「いずみ13号」、新品種の「にんじん(兼六)」「ほしキラリ」など多種多様です。

 

スティックタイプもリリースしました。

あまいも 干し芋

 

 

 

 

 

 

 

隠れた人気商品が「切れ端のお試しパック」です。

あまいも 干し芋

 

 

 

 

 

干し芋は、芋の形から作る過程で「切れ端」が出ます。

「切れ端」と言っても甘さも柔らかさも栄養も変わりません。

また、ちょうど食べやすい一口サイズなのでお子様のおやつにも最適です。

こんな条件で年々人気が高まっているシリーズです。

しかし、やっぱり一番食べて欲しい美味しさは「丸干し」と「平干し」の大きいサイズですね! 

これは本当に価値ある逸品です。

 

干し芋 あまいも

 

 

 

 

 

あまいも 干し芋

 

 

 

 

 

画像は、蒸かした直後、天日で乾燥に入る干し芋です。

このまま食べても「芋ようかん」よりも美味しいのですが、乾燥させるとまた甘さが凝縮されて美味しくなります。

色も黄金から黄金色になります。

 

ざっと、ご紹介しましたが2012年シーズンから震災後「あまいも-Amaimo-」は、ゼロからのスタートという気持ちでおります。

さまざまな試みをして来ましたが、さらに「干し芋」の魅力をお伝えし、お客様に喜んで頂くために進化を続けるつもりです。

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*