おしらせ

茨城の干し芋 2015年~2016年販売シーズン準備スタート!

 

 

 

 

 

 

茨城の特産品で、全国的な知名度を誇る「干し芋」(ほしいも)

秋も深まる10月末、2015年~2016年の販売シーズンも、いよいよ準備スタートです!

 

まずは当然ながら原料芋の掘り起しから始まります。

 

収穫作業

収穫作業

紅はるか

紅はるか

こちらの原料芋は、大人気の「紅はるか」

見ての通り、紅色です。

タマユタカ

続いて、お馴染みの「タマユタカ」

いずみ13号

いずみ13号

そして、白く小振りな「いずみ13号」

 

その他にも、「シルクスイート」、「ほしキラリ」、「にんじん(兼六)」など、

これから11月初旬までに掘り起し作業は続きます。

 

糖化作業

そして、約1か月程寝かせて「糖化作業」に入ります。

今年は、10月半ばから朝晩の冷え込みもあるので、糖化も順調に進んでくれるものと期待してます。

 

干場準備

その間に、天日干しで乾燥させる干場も急ピッチで作ります。

乾燥が進むように、天然の藁を敷き、毎年工夫を重ねて改善し続けています。

 

大須賀 優さん

あまいも-Amaimo-の生産者 大須賀農園の大須賀さん

 

飛田農園さんご夫婦

太陽のIZUMI  生産者の飛田農園の飛田さんご夫婦

 

今シーズンも、甘くて柔らかくて美味しい干し芋をご提供してくれます。

 

販売スケジュールは・・・

「あまいも-Amaimo」-の、冷凍干し芋 お買い得食べ比べセットは、11月にご予約スタートで2015年12月末までにお届け予定

その他は、本格的に新物の加工が始まる、12月中頃からご予約がスタート

お届けは、2016年1月からスタートとなる予定でおります。

 

干し芋の甘さがピークに達する1月を、どうぞ首を長~くしてお待ちください!

 

コメントを残す

*