商品紹介

干し芋 チョコレートレシピ

 

 

 

 

 

毎年2月は、「チョコレート」のシーズン

2016年で第4回目の開催となるMITO世界チョコレートフェスティバルも水戸市で開催されています。

そこで、今回は「干し芋」と「チョコレート」の甘い関係のレシピをご紹介します。

 

チョコ干し芋スティックレシピ

※2016年2月7日号 茨城新聞 日曜版テイスト Vol492  より抜粋

 

チョコレートフェスティバルのイベントでもお世話になっていて、茨城県内の調理、製菓関連の人財育成では大変評価の高い中川学園調理技術専門学校のご協力によるレシピです。

 

平干し芋をスライスして、コーティングチョコレートをつけるのですが、

丸干し芋に、そのままチョコをコーティングしても甘い物好きには、食べ応えがあって嬉しいかと思います。

 

シルクスイート 干し芋

チョコが甘い場合や、柔らかい干し芋でチョコとの食感が絶妙にしたい場合は、
干し芋品種は甘さがスッキリ系の「シルクスイート」がお薦めです。

しかし、甘い物好きには、どんな品種でも甘さを感じれば「幸せ」ですね!

原料となる干し芋は、お買い得品が「あまいも-Amaimo-」で品種も多く楽しめそうです。

お買い得切れ端2016

 

シルクスイート

 

そして、お薦めのチョコレートは、やっぱり“クーベルチュール”ですね!

クーベルチュールは、チョコの風味が香ばしく、「美味しいチョコ」と誰もが感じるでしょう。

そして、干し芋が甘いのでチョコはほろ苦いダーク系が合います。

 

ちょっと贅沢な食べ方ですが、手作りチョコにもピッタリかと思います。

ぜひ、お試しください!

 

 

コメントを残す

*