CMSでホームページ制作

ホームページ制作業者は、どこで判断すべきか?

ホームページ制作業者は、検索すれば星の数ほど存在します。
どこにお願いするか?
どんな担当者と巡り合えるか?
で、その後の業績を大きく左右することもあります。
まずは、どこを見て判断し選ぶべきでしょうか?  その注意ポイントが下記です。

デザイナー(Webクリエイター)中心の業者は注意

キレイに作る・見せるのが目的で、それはそれで良いのですが・・・
この場合の業者は、集客や売上アップの専門家ではない場合が多ほとんどです。
そして、デザイン料が高額になる場合が多く、フラッシュなどあまり必要のないモノまで作りたがり、提案して来ます。
良いデザインや良いサイトを作りたい!という熱意を持って取り組んで頂けるのはありがたいのですが、お願いする側は予算もあれば他に掛かる経費もあります。

一番選びたい業者は、集客や売り上げアップを専門的に勉強している営業担当とコピーライター、制作を担当するWEBデザイナーが別々にいる業者で、すべて自社内で完結しているところです。

価格面で注意したいのは、受注した案件を下請けのSOHO系のWEBデザイナーに外注している会社も多いです、この場合は価格がどうしても高額になりがちですので避けたい形態です。

「無料で作ります」・・・副業の業者に依頼するのは失敗の始まり

不景気の今、無料で作ってくれるのはありがたいのですが・・・
実はここに大きな落とし穴があります!
「無料」には“責任”が存在しないことです。

何かトラブルがあった場合や急に内容を修正してもらいたい場合など、対応してもらえない場合がほとんどです。
結局「タダより高いものは無い!」となってしまう可能性があります。
私の受ける相談案件も大部分がこのパターンです。

メールや電話で営業して来る業者を即決で選ぶのも失敗の始まり

 私は物販のホームページも運営していますので日々、様々な制作業者からの売り込み営業を受けます。
そこでメールや電話でアプローチして来る業者へ試しに見積り依頼してみたところ、どこも法外とまでは言いませんが個人事業にとっては高額な見積り内容ばかりでした。
逆に安い価格で提案して来る業者もいましたが、よ~く見てみるとオプション料金で利益を出していることが分かりました。

とにかく、ホームページ制作は料金体系が不透明で分かりにくい部分が多いので、言葉巧みな「煽り」に乗せられると意外とコスト高になることがありますので注意が必要です。

また
「弊社はYahooリスティング広告正規代理店です。」
「弊社はYahooビジネスエクスプレスの認定代理店です。」
などと告げて安心感を出しながら、「検索結果で1ページ目は保証します!」など明らかなオーバートークで契約を迫る業者も存在しました。
よく聞いてみると最後はキャンペーンで月額5万円のところを3万円で・・・
と、お決まりのパターン。
私も一応はSEO対策まで行う業者ですが、果たしてここまでの金額が本当に掛かるのか?
甚だ疑問でした。しかもSEO対策は、自分で行う作業もあるので“丸投げ”では効果を短期間で出すにはなかなか厳しいでしょう。

 

また、最近は減りましたが要注意は「ホームページのリース契約」“ホームページリース商法”です。
一時期、かなり問題になり業務停止になったホームページ制作会社もありました、最も注意するポイントは、事業目的の「リース契約」の場合はクーリングオフが出来ないことです。
そもそも「ホームページはリース出来ない」のですが、それを告げない悪質業者も存在しますし、パソコンや顧客管理ソフト・会計ソフト・SEO対策ソフトなどと抱き合わせて一式セットとして契約を迫る巧妙な手口が横行しているようです。

怪しいテレアポがあったら会社名を聞き出し「ホームページ リース 会社」などのキーワードで検索して確認してみることをお薦めします。

私も顧客から相談を受けて、“被害”を未然に防いだ経験は数知れません。

 

ということで、詳しく調べずに「お得」な言葉に釣られて即決してしまうと、
「毎月のコストは掛かっても効果は出ない」という状況に陥る可能性もありますので注意が必要です。

 


コメントを残す

*