ランチェスター経営戦略

「差別化の考え方」1

今月の「ランチェスター経営戦略」

今月は「差別化の考え方」です。

「他との差別化が必要」と、よく言われます。

なぜ差別化が必要なのかの理由を要約すると「お客様に選ばれるため」になるでしょう。

しかし、簡単に差別化と言っても、その業界内に長く居るとなかなか斬新な発想が出て来ないのではないでしょうか?

または、目の前の業務が多忙で考えが至らない、考えがあっても実行する「勇気」がなかなか出て来ない・・・ (私も全く同じ悩みです。)

など、様々な理由で「お客様に選んでもらうためのネタ」が出て来ません。

また具体的に「何を?」「どうする?」のか?も、モヤモヤしているものです。
そこでアイディア発想技法で有名な、アレックス・F・オズボーンのブレインストーミングを参考にしながら考えてみます。

 

1、   他に使い方・使い道はないか?

他分野への転用、新しい使い方、改善・改良した場合の使い道など

2、   応用は可能か?

他に似たものはあるか? 参考に(真似)出来るか? 過去に似たものはあったか?

3、   変更・修正・改造は出来るか?

意味・色・動き・臭い・形式・様式・形など、どこかにひねりを加えられるか?

4、   拡大できるか?

大きく・長く・厚く・高く・強く・伸ばすなど。 時間や頻度も拡大出来るか?

5、   縮小できるか?

小さく・短く・薄く・低く・弱く・縮めるなど。 省略・分割・減少は出来るか?

6、   代用できるか?

他の人、他の物、材料・素材・場所・動力・作り方など代わりは可能か?

 

今回は、6つをご紹介しましたが、次回も継続してご紹介します。

出来そうで出来ないなど、意外と難しい部分もあるかと思います、紙に書き出して見たり、絵に描いてみると具体的なイメージが視覚に入り、発想が湧いて来ることもあります。 これも実践することがお薦めです。

※ SCAMPER法 (スキャンパー法)

Substitute
(入れ替えたら?)

Combine
(統合したら?)

Adapt
(応用したら?)

Modify
(修正したら?)

Put to other uses
(使い道を変えたら?)

Eliminate
(取り除いたら?)

Rearrange/Reverse
(並び替えたら?逆にしたら?)

※毎日、複数人でアイディアを出し合うことを継続するとヒットのタネが出る可能性も高まります。

~参考になるコメント集~

時間管理の徹底なくしてセールスの生産性なし

参考文献:世界一やさしいイラスト図解版! ランチェスターNo.1理論

英彩人 旬報 2012年12月号より

 



コメントを残す

*