頑張らない営業のヒント ~ストレスの無い新規開拓手法~

頑張らない営業のヒント14

  「売れない時」どうするか?

 

とにかく人に会って、会話をする時間を作る。
どんな話題でも、世間話でも良いので、とにかく会話できる人を探す。

こうすることで、販売のチャンスとヒントは無限に出て来ます。

 

「売れる営業マンは、売込みをしない」と、よく言われますが、ここにヒントがあります。

要は、単純に彼らは人と会って会話を交わす回数が圧倒的に多いのです。

また、会話の中身も、相手から情報を引き出す技術が上手かったりします。

そして、そこで得られた情報を上手く活用して、相手(お客様)のメリットになるような提案を継続して行うので、結果的に「売れる」状態になるのです。

それが積み重なると経験と実績も増えるので、自信も信用も着き、「紹介」も増えるという相乗効果も出て来ます。

 

「売れる営業マンは、売込みをしない」は、
「会話から情報を察知し、次の提案へ繋げる企画力が高い」とも深読み出来そうです。

 

とにかく、そこまでのレベルになるにはたくさんの人に会って、会話を交わせるレベルに自分を高めるのが近道です。

 

「売れない・・・」と、落ち込みそうになったら雑談でもOK、売りたい気持ちを忘れてお喋りをすることも重要です。

結構、ヒントとチャンスが眠っています。

 

 

コメントを残す

*