編集後記~私の主観的な視点~

注意が必要な“商法”事例報告

最近、当方も含めてクライアント先に頻繁に少し怪しげな売込みが来ましたので、注意喚起の意味も含めてご紹介します。

 

※具体的な会社名は伏せます。

 

・ホームページ制作とSEO対策の「リース契約」
数年前に問題になった手法ですが、また復活して来たようです。

私のお客様でも、上手いトークに乗せられて何も分らず契約し5年リースで総額180万~300万円掛かってしまったという方は多いです。

月額3万~5万の計算です。
これだけのコストなら相当なページ数とコンテンツのホームページが完成していそうですが、実態は更新作業も何も行われず、「ただ存在するだけ」のページでした。

リース契約は、ホームページやSEO対策など「形」の無いモノに対しては無効になりますが、それらをDVDソフトやパソコンなど「実在のモノ」に付加させる“裏の手”を使って来ますから、ここを十分にご注意くださいね!

そして何より、事業者のリース契約は一旦結んでしまうとクーリングオフが出来ません。ここも意外と盲点になっていますので要注意です。

 

・芸能人、著名人取材に行きます商法
芸能人(今は少し落ち目な感じ)、元スポーツ選手(引退後に仕事が無いか?)が、あなたの会社へ取材に行きます。
という、勧誘の電話が掛かって来ます。

それで色々と説明を聞いた後で、いざ取材に来る日などまで話した段階で・・・

「〇〇(芸能人の名前)には肖像権がありますので、使用料とサイト掲載料として、毎月〇万円を頂きます!」と来ました。

結局、この肖像権と託けた料金徴収が目的です。

掲載される雑誌は、金融機関や医療機関に置いてあるそうですが、見たことはありません。

自分が取材に来る芸能人やスポーツ選手の大ファンなら問題は無いと思いますが・・・

私のお客様で実際に掲載した方も居ますが、「効果は疑問。結局、自己満足にお金を払うならOKでしょう・・・」というコメント

また、「怪しいから断った!」という方も居ます。

現実は、後者の方が多いです。

自己顕示欲が強い人にはお薦めですね!(軽いイヤミです。。。)

 

・検索結果〇位を保証します!
「Googleがペンギンアップデートを行い、頻繁にアルゴリズムが変化しているので、今が検索上位表示のチャンスです!」

と、電話セールスが頻繁にありました。

なかには、「〇〇キーワードで県内〇枠だけあります!」「上位表示を保証します!」

などなど、オーバートークじゃないの!?と感じるものまであります。

仕事柄、最後まで聞くと特定のキーワードを買ってくださいというセールスです。

業種によっては有効な方も居るとは思いますが、それよりも自分のホームページのコンテンツ(掲載内容)を役立つ情報満載に育てることが順番的には先です。

ほったらかしで上位表示には相当なお金が掛かります。

仮に上位表示されても肝心のコンテンツが面白くないとアクセスだけあって反応が無いページになる可能性もあります。

ブログでもSNSでも、日々コツコツとオリジナルのコンテンツを出し続けることが、王道です。

まずは、これを実践しましょう!

 

 

以上、実際にあった事例をご紹介しました。

相手も営利活動ですから、真剣に攻めて来ます。

こちらも真剣にホームページや集客活動に取り組んでいるなら、賢明な判断を行ってください。

明かな“詐欺商法”とは言い切れないグレーな部分もあるセールスも存在しますから、冷静な判断もお忘れなく!

予防策は、即決をけしかけられても絶対に「即決しないこと!」です。

ご不明や不安な時は、私もご相談に乗って一緒に判断しますので、ぜひご相談くださいね!

 

ご相談は、ご相談窓口まで!

 



コメントを残す

*