頑張らない営業のヒント21

冷静に考える

 

「お客様の問題解決方法を提案する」のが営業マンの仕事である。

「セールストークでは、お客様の悩みを引き出す質問をする」

 

などと、良く言われます。

 

しかし、言っていることは分かっていても具体的にどうするのか?モヤモヤすることもあります。

そんな時は、お客様の「“何”の問題解決」を出来るのか?を考えてみます。

その“何”を明確にして、自分もお客様も理解することが出来れば、自然と自分の販売する商品やサービスの良さも明確に伝わるようになるでしょう。

 

お客様の問題や悩みを引き出すと言いながらも、どこか「売り込み」になってしまっている営業トークをよく聞きます。

お客様と心が通じ合い、末永く良好な信頼関係を築きたいなら、冷静に深く考えることも重要です。

 

ぜひ、焦る気持ちをいったん抑えて、深くお客様のことを考える時間を作ってみると、結果も変わって来るでしょう。

お試しください!

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*