販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

情報発信の「ひと手間」で効率アップを図る方法

ソーシャルメディア、ブログなど個人で情報発信を手軽に行えるツールは世間に溢れています。

スタッフや担当者の安易な書き込みなどでサイトが炎上してしまうトラブルは時々ありますが、ネットリテラシー(ネットの使い方、影響力を理解する能力)をしっかりと身に付けていれば解決する問題で、有効に活用すれば、ローコストな販促手法になりますから是非PRに使いたいところです。

今回は、それらをどう効率良く使い、自社の情報を発信して集客や宣伝に使うか?を考えてみました。

まず最初に明確にしておきたいことは、ソーシャルメディアやブログを使う場合の認識です。

チラシやパンフレットなどの広告媒体は、こちら側からお客様への一方通行の情報発信ですが、ソーシャルメディアやブログはコミュニケーションツールの性質を持っています

分かりやすく語源まで深堀りして考えると 「PR」 <Public  Relations> 「公的な信頼と理解を獲得しようとする活動として、宣伝・広報活動を通して関係性を持つ」 と解釈してみます。

こう考えてみると、情報を出す側と受ける側(お客様)が直接関わり合うことで、口コミも発生しやすくなります。 口コミが出れば自ずと「良い評価=信頼感」もアップする可能性もあり、良い流れを作ることが出来ます。

以上を、しっかりと認識して、ソーシャルメディアやブログで情報発信を行いますが、最も重要なポイントは・・・

情報を受ける側(お客様)が、どんなメリットを受け取ることが出来るのか? どれだけ得をするか?を具体的に、すぐ伝わるように加工・構成して発信することです。

よく、ブログを更新しても何も反応がない。。。facebookはPRに使えない。。。と言う人が居ます。そんな彼らの情報発信の内容をよく見ると、単なる“告知”や“興味を惹かない説明”、“羅列”、そして個人的な自己満足情報だったりします。

ホームページの更新作業の一環という意識でブログ更新を行っても、見る人が無関心では徒労な作業になってしまいますし、万が一、妬みや嫉みになってしまっては大変です。

とにかく、発信する情報を見る人(お客様)にとって、自分はどんなメリットを提供できるのか? どんな伝え方をすれば魅力的な情報になるのか?など、常に相手に与えるメリット(利益)を考える「ひと手間」は何か?を考えることが、何倍もの効率アップに繋がる可能性を秘めているということです。

ぜひ実践したいですね!

 

 

Point

ソーシャルメディア(facebookなどのSNS)・ブログは、お客様とのコミュニケーションツール

まず、自分がメリットを受け取ろう。(ネットから受注や注文を取ろう!)という意識では反応は無い。

お客様がどんなメリットを得られるか? よく考えた情報を発信することで、反響が出始める。

その継続で、信頼感もUP  受注や注文に繋がる

 

 

英彩人 旬報 2013年10月号より

 

 

 

10月

コメントを残す

*