頑張らない営業のヒント ~ストレスの無い新規開拓手法~

頑張らない営業のヒント22

「しつこさ」と「熱心」の違い

 

見込み客を何度も訪問することを躊躇することがあると思います。

「何度も行ったら相手に迷惑ではないか? しつこくないか? 嫌がられないか?」などを考えるのは当然かと思います。

 

ここで、相手から「しつこい!」と受け止められてしまう場合と、あの人は「熱心だ!」と感じてもらうのでは、後々の結果や展開を考えると、どちらが有利かは明白ですね!

 

誰でも分かることですが、「しつこい!」と言われるのは、月末にノルマ未達で上司から圧力をかけられて、知らず知らずに相手を説得してしまっている場合です。

片や、「熱心だ!」と言ってもらえるのは、ずっと提案していますが、相手に有益な情報を探し、さりげなく提供し続けることを継続して来た人です。

さほど苦労せずに、「熱心だ!」と印象を持ってもらえるのですから実行しない手はありません。

私の場合、「あのお客さんに、この情報を持って行けば喜んでもらえるかな?役に立ててもらえそうだな~」と率直に考えていた方とは、その後、高い確率で成約を頂き、長きに渡って良好な取引を続けています。

 

正直なお話、「いくら手数料が入るか?」など、変な下心やスケベ根性が全くない、素直な気持ちでお客様に接した場合ほど上手く行きます。
(当然ですね。。。)

 

 

・注意するべき、アドバイス

「何度も通って、契約を今すぐ盗ってコイ!」
(※あえて“取る”ではなく、“盗る”にしました。その理由は「今日は取れたのか?」と、毎日お客様軽視の契約数重視で考える、かつての上司とのやり取り経験からです。)

・・・と、具体的な営業戦略・戦術を教えることも無く、朝晩のミーティングで長時間の説教を行い、顧客先に同行訪問した場合に先方から嫌われる上司が居る会社は要注意です。
あなた自身が「熱心だ!」と感じてもらえても、会社や上司に問題があってしまっては、お客様のメリットも減ってしまいます。

 

(恥ずかしながら、今で言うブラック企業まがいの企業に勤務経験があるので、その当時の失敗経験を最後にご紹介しました。参考までに・・・)

コメントを残す

*