「マーケティングの4P」

今月の「ランチェスター経営戦略」

今月は「マーケティングの4P」です。

今回は、昔からマーケティング(市場開発の活動)の枠組みとして有名な「マーケティングの4P」を考えてみます。

マーケティングの4Pとは、下記の4つの内容です。

 製品(Product) 価格(Price) 流通(Place) 販促(Promotion)

 

どんな規模の事業でも、これらの枠組みで考えながら事業活動を行っています。

最近では、マーケティングの4Cとして下記も提唱されています。

顧客価値(Customer Value) 顧客にとっての経費(Cost)

顧客利便性(Convenience) 顧客とのコミュニケーション(Communication)

これらは、また後程ご紹介する予定です。

 

今回は、まず基本のマーケティングの4Pを一つ一つ詳しく考え直してみます。

マーケティング(自分の販売する商品やサービスでエリア内で市場を作る活動)を消費者(購入して欲しいお客様)に判断してもらうという基本です。

 

1.製品(Product)

「どこの誰に何をいくらで販売するか?」 の「何」が製品

種類・品質・デザイン・特徴・ブランド・デザイン・サイズ・保証・返品など

お客様の希望を満たすことが出来るかどうか?

 

2. 価格(Price)

「いくらで売れば適正なのか?」 価格設定で収益も大きく左右されますし、商品価値(ブランド)を印象付けることも出来ます。

価格を安くする場合も高くする場合も、その理由をお客様に明確に伝える必要があります。情報が溢れる時代ですから、情報発信も必須ですね!

 

3.流通(Place)

「どんな方法で、どのように販売するか?」 価格(Price)を決めるより先に、流通(Place)を決定する方が効率が良い場合も考えられます。売り易さとお客様の買い易さ等、差別化するポイントは存在します。

 

4.販促(Promotion)

「どうやって宣伝して、知ってもらって買ってもらうか?」 この広報活動だけを“マーケティング”と考えている方は多いです。

しかし、全体を把握しないと有効で根拠のある販促活動は不可能です。

お客様の感じる「どうして?なぜ?」に明確に応えられる販促が有効かと思います。

 

簡単に言えば「買う側の視点」(お客様視点)で考え直すと言えますね!

細かい箇所を見直すと意外な突破口が開ける可能性があります。

 

 

POINT

マーケティングの4Pが上手く考えられていない理由・・・

製品(Product)が、自分が売りたい物、自分が売りやすい物中心になっている。

価格(Price)が、安ければたくさん売れるだろう・・・という考えで決定

流通(Place)が、販売者(営業マン等)の利益を考えない設定なのでモチベーションがダウン

販促(Promotion)が、販売側の独り善がりで、消費者に響かない場合が多いので、中立的で客観的な判断基準を持つことが必要である。

 

 

~参考になるコメント集~ アールエフ代表 丸山次郎語録より

歴史から学ぶことは必要ですが、歴史の延長で未来予測はできないんです。

だから明日(未来)が楽しいのです。

 

 参考文献:世界一やさしいイラスト図解版! ランチェスターNo.1理論

 

 英彩人 旬報 2013年12月号より



SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*