お客様のご紹介

日本一の自然薯(じねんじょ)

自然薯畑

 

秋から冬シーズンは、特産品の販売強化シーズンでもあります。

まず秋は自然薯(じねんじょ)が旬を迎えますので、メディア・マスコミ関係からの取材依頼も増えます。

今回は、「美白とろろ」ブランドの自然薯を作るトーマス農園の深作さんへIBS茨城放送より出演依頼です。

自然薯の畑も、葉っぱが茶色に変わり、寒さとともに糖度がどんどん上昇します。

お歳暮や年始のギフトとして、人気も上昇してます。

 

ラジオ出演

 

製薬会社から農業へ参入した異色の経歴を持つ深作さん

しかし、その知識が天然の微生物を使った自然環境農法での土作りに生かされて完全な無農薬栽培を実現しています。

“山薬”と呼ばれるほど栄養価の高い自然薯をさらにレベルアップさせるために、一切妥協せずに一年間栽培に取り組んでいます。

品質の高い商品を作るためには当然のことかもしれませんが、その詳しい中身の一部でも、今回の放送で伝われば幸いに思います。

 

自然薯畑にて

 

 

「ブランドは一日にして成らず」ですね・・・

 

 

 

 

コメントを残す

*