反応率の高い集客ホームページと街の繁盛店

ホームページを制作し、たくさんの見込み客を集めようと誰もが考えます。

では、まず「どこ」を最も重視するでしょうか?

ごく簡単に考えてみたいと思います。

 

ホームページに掲載されている写真や画像を見て、「ここへ行こう!」「ここで買おう!」「ここなら大丈夫だ」と購入する人は、まず最初に判断するでしょう。

ここは、どこの街でも存在する繁盛店と同じで、「あそこなら大丈夫だろう」「お客さんがたくさん入っているから失敗しないだろう」という「外観からの安心感」とでも呼ぶ印象で多くの人は判断します。

 

続いて、コンテンツ(掲載内容)を
“誰に向けて”
“何”

“どのように?”  掲載するのか? を 充分に考える必要があります。

 

街の繁盛店が、なぜいつもお客様が一杯で流行っているのか?

その理由を調べたことはあるでしょうか?

殆どの場合は、店主やスタッフの人柄や対応が非常に素晴らしいという理由ですが、

そこを更に掘り下げてみると、
「どんな欲求・欲望を、どのように満たしてくれたのか?」
style=”color: #0000ff;”> 「自分の知らない情報をどのくらい提供してくれたのか?」
「どんな理由で、ここで買おうと決めたのか?」
「購入後のアフターフォローがどれほど良いのか?」・・・

など、心理的に安心へ導いてくれる要素が具体的に出て来ます。

これらをホームページのコンテンツ作りに応用することが、反応率を高めるポイントになるでしょう。

 

写真・画像はキレイでも、肝心のコンテンツ(掲載内容)が在り来たりの印象である・・・

そう感じたのであれば、身の周りの繁盛店を探し、繁盛している理由を探り、そのデータを自分の業界カテゴリーに置き換え、「どのように伝え・表現するか?」をじっくり考える時間も必要です。

 

 

ホームページ制作とWebリニューアルは茨城県 英彩人A-siteにご相談ください

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*