頑張らない営業のヒント ~ストレスの無い新規開拓手法~

頑張らない営業のヒント23

 

「営業マンは、お客様のお役に立つための情報提供者である」

 

上司から「今日も売って来い!」「契約とれたか?」と連日のように問い詰められていた、あの頃・・・

 

私の心の中では、こんな感じでした。

「俺は押し売りじゃない!」
「取れた?盗れた?って聞くけど、どういうこと??」

 

こんな上司に限って

「お客様の目線で・・・」
「お客様の立場で・・・」
「お客様の満足が一番・・・」

などなど、朝礼では分かったようなセリフを言いますね!

 

こんな言っていることと、腹の中の本音が食い違う上司の言動に疑問を持ち、混乱しそうな自分の気持ちを整えるために、冷静に自分の立場は何か? と考えたのが上記の思いです。

このように考えれば、「売って来る」から「お客様に買って頂く」という現象に変わります。

毎回、お客様にとって役立つ情報を提供し続けるのですから

「あの営業マンは、良い奴かも?」と思われます。

そして

「あの営業マンは売り込まないから、話は聞いてみよう」に変わります。

 

私はかつて週1回、業種別に役立ちそうな新聞記事をコピーして訪問活動を行っていました。

その結果、「お客様から話を聞いて来る」という状況が徐々に出来上がって来たのを思い出します。

 

これこそ、“頑張らない営業” です。

ぜひ、参考にしてください!

 

 

コメントを残す

*