アールエフ 茨城担当レップ

アールエフ NAOMI-CT

NAOMI-CT

NAOMI-CT

アールエフの茨城地域担当レップとして活動もしておりますが、好評を頂いているNAOMI-CTの設置を先日行いました。

導入を担当するたびに、細部が進化していると感じるNAOMI-CT

発売当初から比べると外観は大きく変わりませんが、画像ソフトやポジョニングなど繰り返しアップデートが繰り返されて、画像も患者さん側からの視点で言っても分りやすく見やすくなりました。

導入後の医師や医療スタッフ、そして患者さんの喜びの感想を聞くたびに開発型メーカーのセールスレップとして、非常に遣り甲斐を実感しています。

 

アールエフ

画像は、社長の覚悟の手紙です。

私も同感・共感しているからレップとして活動しています。

 

閉鎖的な地方都市の場合、アールエフ製品への根拠なき誹謗中傷を心ある医師が教えてくれます。

しかし、私はどんな製品であっても他社の誹謗中傷などはセールストークでも一切発したことはありません。

「他人の悪口を言ってはいけない」ことなど、人間としても最低限のマナーかと思います。

それだけ医療業界も閉鎖的なのかもしれません。

 

アールエフ製品への誹謗中傷や根拠なき噂は、今後も頻繁に流布されてしまう可能性がありますが、それらに屈することなく、気にせずに価値を伝え続けて行くつもりです。

だいたい、はじめから欠陥商品ならこれだけのシェアを獲得するわけがありません。
導入頂いた数多くの先生方が、その価値と機能を十分に納得してお使い頂いている証拠になります。

「アールエフ製品への誹謗中傷や根拠なき噂」そのものが、全く信用できない戯言だと、第三者の客観的な視点からも明らかです。

 

今回の記事でお気を悪くされた医療機器関連の方がおりましたら、前以てお詫び申し上げます。

 

 

 

コメントを残す

*