CMSでホームページ制作

CMSの値段 低価格はお得か? 

世の中にはたくさんのCMS(Content Management System:コンテンツマネジメントシステム)が存在します。

機能や使い勝手なども、実に千差万別、いろいろあってどれを選べば正解なのか?成功なのか?知りたいのが、これからホームページを制作したりリニューアルをしたい人の本音だと思います。

そこで、今までたくさん存在するCMSを見て来た中での感想とアドバイスをさせて頂こうと思います。

今回は、「値段・価格・料金」です。

どんな方でも、結局一番気になるのは「お金」の部分ですね!

CMSも低価格を売りにして大々的にリスティング広告を出稿し、集客を行っているシステム開発会社や販売代理店を募集しているソフト会社もたくさん存在します。

 

結論を先に言ってしまうと・・・

 無料・・・難しく、トラブルがあったらすべて自己責任。 覚悟が必要

 低価格・・・操作が難しい部分も有り、仕上がりはそれなり。でも慣れれば何とかなる。

 高額・・・仕上がりは抜群だが、管理・操作は高度で主に大規模サイト向けなので、中小・個人事業向けで、ここまで必要か?疑問

 

世の中に存在するすべてのCMSを操作した訳ではなく、あくまでも一般的で主観も入った意見ですが、簡単に言ってしまうと上記のような感じです。

 

無料で有名なのが、WordPress ですね!

専門のWordPressコンサルタントも居て、SEO(検索エンジン対策)に強いということでお薦めする人も多いです。

しかし・・・

WordPressは、今までホームページビルダーを使っていたことのある人や、サーバーにデータをアップロードした経験があるなど、ある程度パソコン業務に詳しい人、そしてこれから何でも覚えて頑張ろう!という意識の高い人(← 結構、重要です!)で、あれば問題ありませんが、全くの初心者というレベルでホームページのテクニカルな部分は専門家にお任せしたいという人には、あまりお薦め出来ません。

 

過去に、このような実例がありました・・・

知り合いがホームページ制作業で独立したので、お店のホームページのリニューアルを依頼しました。

ホームページは、管理も更新作業も自分で出来て管理費もそれほど掛からないということでWordPressを薦められ、よく理解しないままOKしました。

 

そして、いよいよ完成!

 

しかし・・・

更新したいが、初心者なので管理画面ページの操作が難しい!

そんな理由から、だんだんと更新作業が億劫になり、作業から遠ざかるように。。。

 

そして、その後、致命的な事件が起こりました。

久し振りにログインしてプラグインとWordPressの更新を行った時に、どういうわけか管理画面にログイン出来なくなってしまいました・・・

ログイン出来ないのですから、更新も出来ません

作ってくれた知り合いに連絡しても、いっこうに治してくれない。。。

 

こんな状況が続くうちに、徐々にホームページは放置状態になって行きました。

幸い、店舗名で検索すると検索エンジンでは表示されますが、掲載してある内容はログイン出来なくなる前に更新した内容のまま、コンテンツは古くなるいっぽう・・・

そして、2年程が経過して私宛に「何とかして欲しいが、どうすれば良いのでしょう!」という相談が来ました。

 

私もWordPressの専門家ではありませんが、ログイン出来なくなった理由は更新作業の操作ミスでした。

WordPressに慣れて詳しい人なら初歩的なミスかも知れませんが、数か月に1回程度の頻度でログインする初心者では分らないのは当然と言える内容です。

 

そして、肝心の「知り合いのホームページ制作業者」さんは、連絡はついたが今は別の仕事をしている。。。だから対応できません!という対応

WordPressの操作マニュアルも渡して無ければ、ドメインやサーバーの契約書類も曖昧な状態でした。

なんという無責任な対応でしょうか?

これで「独立開業しました!」と宣言できるのですから「ホームページ制作業」は、安易な分だけ怖いですね~と、他人事ながら感じたのを思い出します(笑)

 

このような“放置案件”のご相談を今までたくさん受けて来たから分るのですが、「知り合い」と「無料」又は「格安」というキーワードには、十分注意を払った方が賢明です。

特に「無料」には、「責任」が存在しませんので、本当に注意が必要です。

 

長くなりましたが、「無料」には魅力的な響きがある反面、裏を返せば「自己責任」が重く圧し掛かります。

先程の実例を挙げればお分かりのように、金額に換算し難いので自覚し辛いと思いますが、約2年程の“機会損失”が発生しています。

ですから、自分はパソコン初心者で飽きっぽい性格であると自覚するなら「無料」や「格安」のCMSは避けた方が賢明です。

 

 

続いて、「低価格」のCMSです。

ここで言う「低価格」とは月額にして1万円前後を指します。

このレベルは、例えば「アメブロ」に代表されるような無料ブログに投稿して運営出来ている方であれば、大体は自分で管理が可能なレベルです。

ただし、やはり操作に対する「慣れ」は必要です。

頻繁に更新作業を行って、慣れてしまえば自分で行う更新作業も苦ではなくなり、更新頻度もアップし良いサイクルが出来て来ます。

また最近はスマートフォン対応のページも自動で作成出来たり、テンプレートも豊富で自分ですべてを作成しようと思えば出来てしまうサービスも多いです。

ですから、運営に当たっては「充実したコンテンツ作り」に集中して行けば集客効果が上って来るので、業務の負担も軽減されると思います。

 

 

そして、「高額」と表現するCMS

ここで言う高額とは、月額にして3万円~10万円のCMSです。

さすがにこれだけの金額であれば運営会社のサポートも充分(・・・と言っても手厚いサポートも無く、売りっぱなしの場合もありますので、ご注意を!)、機能もこれ以上ないものが揃っています。

しかし、従業員が100人以上の規模や支店や支社が複数ある会社などの場合を除いて、ここまでは必要ないと感じます。

もちろん、ウェブサイトからの受注や顧客対応が全てのメイン業務である。という小規模事業者で利益率が高い商品を扱っている場合であれば話は別です、どんどん費用対効果が高いところに投資するべきです。

 

話しをまとめますと、CMSの値段で言えることは「どのような運営体制を行って行くか?」中長期の計画を自分でしっかりと立てるということです。

 

完全に自分で更新管理を行い、徹底してコストを削減する!と言うのであれば、データ管理のリスクや時間を掛ける手間など、かなりの「覚悟」は必要になります。

また最低限の料金は掛かっても、ウェブサイトの専門家にサポートして貰いながら、自分は業界の情報を発信するコンテンツ作りに集中したいと言うのであれば、低価格のCMSを選べば良いでしょう。

 

いずれにしても「自分がホームページの運営と管理をどうしたいのか?」をまず最初に明確に決めることがスタートですね!

これからのホームページは、充実したコンテンツを日々増やし“育てて行く”ものです。

決して、面倒だからと言って、都内からテレアポで訪問して来た営業マンの言いなりになってしまわないようにご注意ください。

「自分のホームページをどのような内容にしたいか?」を、どれだけ考えることが出来たかで、数年後のウェブからの集客効果は変わって来ます。

 

ぜひ、面倒がらずに考えてみましょう!

 

 

 

コメントを残す

*