動画マーケティング | 動画コンサルタント達が続々登場してますが・・・

ここ最近、(と言うか数年)テレビを全く見なくなって来ました。

どんな情報が真実なのか?誰の言っている事なら信用して大丈夫か?
正直、錯綜している時代に感じます。

その理由は、テレビは作る側が視聴率という数字しか考えなくなって来たと感じ、視聴者よりもスポンサーを重要視していると感じ、観ていても全く面白くないからです。

なぜこう思うようになったかと言うと、数年前に私自身がテレビの取材を受け私の意見が製作者の意図と反していたらしくすべてカットされた経験があったり。

(別に危険な思想は述べていませんので、悪しからず。。。)

また私が通販サイトで扱う商品がテレビで紹介された時に、一気に売り上げが上がったことがありましたが、購入した方の買った理由は、単に「テレビで紹介されたから」だけで、他に明確な理由は見当たりません。

メディアの情報に何も考えず盲目的に流される人がいかに多いか痛烈に実感しました。

この経験から、伝える側と情報を受け取る側の思いを深く考えるようになりましたが、まだまだテレビなどの放送ツールは「巨大な洗脳道具」と少し冷静に考えてしまいます。

またYoutubeを代表に、誰でも個人放送局になれる時代になりました。

ネット動画もどんどん広がって、予想通りに「動画マーケティング」「動画コンサルタント」「Youtubeコンサル」「Youtubeマーケティング」などが雨後の竹の子のように出て来ました。

手軽で、次代の効果的な集客・広報ツールであることは充分認識していますが・・・

ただ単に検索対策で動画をアップするだけで、自己満足な内容の動画ばかりが溢れて来ている印象です。

誰も他人の自己満足などは見たくも聞きたくもありません。

有益な情報ならまだマシですが、自分で自分の顔を自家撮りして自己PRや宣伝などされても、見たい気も起きて来ませんね。。。

 

「自分がイイと思った情報は、他人にも役立つ情報だろう・・・」

「自分が面白ければ、見る人も面白いだろう・・・」

 

こんな考え方で動画コンテンツを作ってみて、果たして評価されるかどうか?

情報を作って出す側も、受け取る側も、この先さらに慎重に考えて行きたいですね。。。

 

あんまり考え過ぎてしまうのもマイナスかもしれませんが、動画マーケティングについての使い方を考える日々です。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*