販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

お客様があなたを選ぶ判断基準はどこにある?

 

もっともっと、毎月のようにお客様を増やしたい。 右肩上がりで売り上げを伸ばしたい。・・・

これは、商売・事業を行っていれば誰でも願うことだと思います。

毎回、このテーマのヒントを考え続けていますが、根本的なところを今回も考え直してみました。

 

まず集客アップ、売上アップには、「お客様に選んでもらう」ということに行き着くと思います。

これは、「お客様の目線で考える」 「顧客視点でサービス提供」 「CS(Customer Satisfaction:顧客満足)活動」など、言われると妙に納得してしまうコンサルティング言葉(分かったような気分になる言葉)で、言われていますね。

 

しかし、「では具体的に自分の場合は、どうすれば良いの?」 というのが誰もが持つ願望でありストレスかと思います。

これが簡単に解決しないから世の中のコンサル業が成り立つのですが。。。

 

では、具体的にどう考えて、どう行動すれば良いのか?

 

まず、自分がお客様に選ばれない理由を探してみます

その次は、どうして自分が今のお客様に選ばれたのか?を分析します。

 

競合他社(ライバル)と比べて、何が良かったのか?悪いのか?

冷静に自己分析してみると、意外とたくさん出て来ると思います。

それらを分析してみると、ほんの些細なことで自分が選ばれていたり、たまたまタイミングが良かったから購入してくれていた場合だったり・・・

お客様に遠慮して、背中を一押し出来なかった・・・

サポート回数が少なかったから他社に行ってしまった・・・など

ほんの「ちょっとした差」の積み重ねが意外と多いことに気付くと思います。

地方の中小企業や個人事業の場合、サービスや商品に圧倒的な差があることは稀です。

ですから、この「ちょっとした差」の積み重ねが後々大きなウェイトを占めて来るのだと思います。

お客様が自分を選んでくれる判断基準は、実は「ほんの些細な差」の場合が多いことを考えて、常にアンテナを張り、お客様との接点を保ち、情報を発信し続けることは必須かと思います。

飽きずに根気強くは、「商い(あきない)」に集約されていますね!

 

 

Point

情報が氾濫し、何を基準にして購入の判断をすれば良いのか? 分かり難い時代・・・

     ↓

お客様の頭は混乱・・・

地方の小さいエリアでお客様に選んでもらうには?

競合他社よりも、優れたところをほんの少しでも良いから目立たせて、印象に残し、お客様の心に留めて貰えば勝てる確率が上がる。

 

 

英彩人 旬報 2014年10月号より

 

ススキ

コメントを残す

*