成長力分析の計算式PART4

今月の「ランチェスター経営戦略」

今月も引き続き分析式のご紹介4 です。

今回は儲けを分析する、収益性分析の計算式です。

 

 ◇ 売上高 対 一般管理費 販売費 率

  売上高対一般管理費販売費率 =
期間一般管販費 / 期間売上高 ×100=(%)

 

10~20%の範囲内が健全で、会社運営(事業運営)をどの程度のコスト割合で運営出来ているか?の数字。  数字が低ければ効率が良い。

 

 ◇ 売上高 対 粗利益率

 

  売上高対粗利益率 = 粗利益 / 売上高 =100(%)

 

もちろん高い方が良好です。
数字が低い場合は、売り上げ単価が低い場合や仕入れ価格が高いことが考えられますので、改善は必要です。

 

 ◇ 損益分岐点

 

   損益分岐点 =
月平均固定費 / 1-変動費 / 月平均売上高 =(千円)

 

固定費・変動費を常に意識して「利益を生み出す」ことが重要。
粗利益で固定費を賄うというシンプルな意識です。

 

 

 ◇ 一人年間純利益

 

   一人年間純利益= 年間純利益 / 従業員数 =(千円)

 

20万円以上が必要な目安の数字です。
この数字をいかにアップさせるかが目標です。

 

 

 

POINT

収益のポイント・・・

出て行くお金を減らす

入って来るお金を増やす

様々な無駄を減らす

良いお客様を増やす

お客様に時間を使う

情報には注意を払う

あまり手を広げない

得意な専門分野に集中する

時間の浪費か? 時間の投資か? 冷静に判断する

 

 

~参考になるコメント集~ 

目標不達成の原因究明よりも、どうすれば達成できるかを考えよ

一倉 定

 

 

参考文献:世界一やさしいイラスト図解版!
ランチェスターNo.1理論

 

英彩人 旬報 2015年3月号より

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*