販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

新規顧客獲得にお金を掛けるか? 労力(時間と手間)を掛けるか?

規模の小さな中小企業や個人事業が効率的に新規のお客様を獲得し続けるテーマとして、広告宣伝活動に「お金をどのくらいの予算で掛けるか?」、また自分で出来る範囲で、「どこまで時間と労力を掛けられるか?」・・・この2つは結構重要な問題かと思います。

そこで今回は、この2つから失敗を最小限に抑える方法があるか?

考えてみました。

 

まず本音として、「お金は出来るだけ掛けたくない・・・」

「可能であれば無料で・・・」と心の中では誰でも思うものです。

それに、人間誰でも「楽に行きたい・・・」

「面倒なことは誰かに任せたい・・・」と考えます。

しかし、現実的な問題としては、物事はそうそうスムーズには進みません。
上手く行ったとしても、必ずどこかでトラブルは発生するものと考えておいた方が精神的なダメージは少ないものです。

では、究極的にお金も時間も労力も極力抑えたい!という場合は、
まず最初に前段階として自分のお客様になってもらいたい人に、
下記に挙げる感情を持ってもらうために、自分はどんな情報や内容を提供できるのか?を、じっくりと考えて準備することではないでしょうか?

 

「この会社なら何か任せて大丈夫そうだ。」

「ここのお店(会社)は、他と少し違って安心感がある」

「この人なら、期待に応えてくれそうだ」

 

要は「コンセプト」(一貫性のある考え)という言葉です。

 

これが固まっていれば、どんな外注先を使っても、余程酷い場合でない限りや親身に対応してくれる業者を選べば結果は、ある程度出て来ます。

また、自分で労力(時間)を使ってブログやDMを作る場合も、アイディアがどんどん沸いてくると思います。

 

結局、最後は売る側の「想い」の強さ、精神論はあまり好きではありませんが「やる覚悟」という言葉になって来ますね!

 

しかし、くれぐれも面倒なところは専門家に丸投げで、逃げないように。

丸投げするにしても「根本的」な部分は特に明確にして広報担当者に伝えて重要な箇所は、一緒に考えましょう!

 

 

Point

陥りがちな負の連鎖とは

宣伝・集客活動は業者にすべてお任せ(丸投げ)・・・

   ↓

手間は掛からないが、お金は掛かる・・・

   ↓

即効性を期待するが、そう簡単に事は運ばない・・・

   ↓

原因と責任も業者に丸投げ・・・

   ↓

同じことの繰り返し・・・

 

 解決方法は、コンセプトの再確認!

 

英彩人 旬報 2015年 6月号より

くちなし

 

 

 

 

 

コメントを残す

*