販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

どんな層のお客様を獲得したいか?

これからはローコスト戦略ではなく、プレミアム戦略に転換が必要!

と、世の中がデフレからインフレに移行するとともに、物価が徐々に上昇。

これまで中流層と呼ばれた層が減って行くと予想されています。

そうなると高額な価格帯で販売しようと「富裕層を狙おう!」や、ネーミングに“プレミアム”と付けるのが、
ここ最近の流行です。

しかし、ただ単純に高い商品を売ろう、お金持ちをお客様にしたいと考えても、そうそう単純なものではありません。

広告やウェブサイトの内容を見ても、具体的にどう考えて行くか?明確になっていない部分も多いと思いますので、
今回は「どんな人にお客様になって貰いたいか?で変わって来る、広告のやり方」を考えてみました。

 

まずは、「予算・価格」がメインのお客様・・・

使える金額が限られている方、こだわりが無いので出来るだけ安く買いたい方など、状況は様々です。

これらのお客様は、まず最初に価格・値段を見て「いくらで出来る?」「いくらで買える?」から見て来ます。

価格が納得したら、次に販売者は信用できるか?
なぜこの値段で販売できるのか? 支払方法は何種類あるか?
送料は? 保証は? と情報を見て来ますので、それに沿った内容の広告やウェブページの掲載内容にする必要があります。

 

続いて、最初から「○○が欲しい、探している」というお客様・・・

要は指名買い、ブランド物志向。
値引きはイイから、それが欲しい!という層

これらの商品を扱うことや、そこまでお客様に評価される商品・サービスがブランドとして認知されるまでは
時間や労力が、ある程度掛かります。
しかし、それらが既に存在するという前提で話を進めます。

一般的に「富裕層」と呼ばれる方々ですが、この層が探している商品では、
まず最初に販売者は信用できるのか?
この人から買って(頼んで)失敗はないか?から見て行き、価格は最後の方です。

端的に言えば、今までの実績と第3者の評価を気にします。

高額商品で分かりやすいのは、例えば住宅関連なら「お客様の感想と施工実績」ですね!

シンプルに考えてみましたが、「どんなお客様を増やしたいか?」で、
広告やウェブサイトの掲載内容やデザインも変化させる必要があります。

それらをもう一度見直してみるのも無駄ではないと思います。

 

 

Point

 超富裕層 ・ 富裕層 ・ 準富裕層 ・ 一般層

どの層のお客様を獲得したいかでリリースする情報も変化させるのは絶対条件

ブランド商品を買いに来た人に、まず値引きの話から入ったり・・・

予算が限られた人に、値引きはしないプレミアム商品です。と言ったり・・・

トンチンカンな事態になることを避けるために、お客様の事前リサーチも絶対に必要

 

英彩人 旬報 2015年 10月号より

ダリア

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

*