ランチェスター経営戦略

ランチェスター戦略に弱点・欠点はあるか?

今月の「ランチェスター経営戦略」

今月は、ランチェスター戦略に弱点・欠点はあるか? です。

 

これまで事業規模の大小を問わず、ランチェスター戦略を活用するメリットを
ご紹介して、応用次第でかなりの武器になることを感じたかと思います。

しかし何でも同じですが、完全に完璧なモノは、そうそうありません。

では、ランチェスター戦略に欠点やデメリットがあるとすれば、何か?

それを考えてみました。

 

まず、ランチェスター戦略を簡単に言い換えると何になるかと言えば・・・

長年の研究で導き出した数学的な確率統計の論理。

そして数式で導き出した計算式をデータ化し、法則として応用する戦略となると思います。

 

以上、たしかに数字で具体的なデータを見せられて、その通りに実行すれば必ず結果は出ると感じます。

実際に、自分なりに上手く応用し、法則の通りに実践してエリア内でのシェア1位や顧客獲得が上手く行き、
業績アップなどの結果を残す事例はたくさんあります。

しかし、上手く行った事例は、計算通りに忠実に・厳格に実行した場合が多く、
途中で諦めないという「精神的な部分」も実は結構大きな部分を占めています。

 

ここで視点を少し変えてみると、「人間の心」「心理や精神」は、なかなか計算出来ない部分も多い
という問題が出て来ます。

たしかに、血液型や年齢別、性別、性格などの膨大なデータを「ビックデータ」として分析し、
行動・活動を予測する技術はどんどん進んでいます。

でも、なかなか結果に繋がらないこともあります。

計算と法則で導き出した予測は「この結果になる確率が高い」、だから頑張ろう!と
言われても、それを実行するのはを持った人間です。

その計算式と法則に、「心・精神」が加わっていないのが一つのウィークポイントであるはないかと感じます。

 

頭で理解していても、その目標に近づくために(達成するために)

毎日、具体的に「何を?どう行動すれば良いのか?」

要は、モチベーション(動機づけや目的意識の維持が、やはり重要ということです。

行動の動機と目的意識のアップ、これも見えない大きな「戦略」の一つ、

「人の心・考え」は読めない(計算できない)と難しく考えず、

読めないからこそ面白く、遣り甲斐があると前向きに捉えたいですね。

 

 

POINT

 × 経営者&リーダーの良くないパターン

計算上では、1日に○○件の営業活動で3カ月以内には○○件のご成約になることになっている・・・
と、実行スタッフの「管理」と「叱咤激励」(受け取る側は「叱責」である)が仕事と考えている。
(精神的に追い込まれるスタッフが増える)

 

○ 経営者&リーダーの良いパターン

どんな経歴・性格・年齢の人でも、実行出来るようにパターンやプランを作り、順序立てて実践してもらう
そして、出来ない問題が出たら、一つ一つ解決して「今後のデータ」にするのが仕事と考える。
(性格や能力を分析して、適材適所の配置と育成に長けている。)

 

~参考になるコメント集~ 

セールスマンの業績評価は行動管理に、その基準を求める。

そして行動基準を標準化すべきである。

 

参考文献:世界一やさしいイラスト図解版!
ランチェスターNo.1理論

 

英彩人 旬報 2015年10月号より

コメントを残す

*