販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

チラシ・広告の文章・・・上手く機能しない理由

チラシ・パンフレット・ハガキ・ダイレクトメールを始め、ホームページまで、広告の文章で何を書くかが重要なのは分かっていても、いざ書くとなると、簡単そうに見えて、実際に取り掛かると難しいものはないと感じます。

だから、いざ広告を出そうと思っても、第三者である専門業者にお願いする機会が多くなります。
(丸投げは、最悪です。。。)

しかし、本来ならば、その商品・サービスを販売して詳細を知り尽くしている、また愛着を持っている販売者自身が、基礎となる部分を考えた方が伝わる確率も高くなり、それから専門業者と一緒に考えた方が効果的と思います。
百発百中でお客様を連れて来る、効果抜群の魔法の言葉は存在しませんが・・・どこに気を付ければ良いのか? 今回は考えてみました。

まず、最初に陥るのが、次のパターンです。

「自分はその商品に関して分かっている」、だからみんな分かるだろう・・・

自分が感じた最高の言葉で表現した。私が欲しいと感じたのだから、みんなそう感じるだろう・・・

という、「自分からお客様を見た、自分本位」で表現してしまうことです。

 

次は、他で効果を上げている広告コピーを、参考にアレンジしたタイプ。

例えば、「○○を△△しなさい!」など、巷でよく見かける言葉を使い、妙に煽るような印象の広告コピーを見かけますが、これも「他で上手く行ったのだから、うちも上手く行くかもしれない・・・しかも楽だし。。。」という、結局は自分本位になっています。

 

では、どこにポイントを置いて考えるべきか?

この流れで来れば、もちろん「お客様の立場で表現する」 「お客様が求めるものは何かで考える」となります。

しかし、それはどこのコンサルからも同じアドバイスをされるし、それが難しいから大変なんだ!と皆さん感じていると思います。

では、解決策はどうするか? もうお客様に直接聞くのが最も効果的です。

販売したい年齢層だけでなく、大人から子供まで、リサーチとして「この商品・サービスをどう感じるか? 欲しいか? 要らないか? その理由は?」などをまとめてアンケートなどで謝礼を付けて協力して貰います。

そこから出て来た言葉にこそ、最も重要なヒントがある可能性があります。そしてそれを誰でも分かる言葉で表現します。

極論を言えば、小学生に見て、読んでもらって、欲しい・行って見てみたいと感じてもらえるくらいが最高ですね!

まずは実行しかありません。

 

 

Point

 広告コピーの心理

人間は、最初に目で視覚的に情報を入れるので、文章の最初には、具体的に視覚的にイメージしやすい、印象に残りやすい言葉を持って来る。

××でお困りの方に!・・・

○○に包まれる空間・・・   など

その後は、具体的な説明や悩み解決の方法を続けます。

 

英彩人 旬報 2015年 11月号より

11月

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

*