第一印象の活用

今月の「ランチェスター経営戦略」

今月は、第一印象の活用 です。

「第一印象は、見た目が9割」という、データがあります。

人間は、視覚情報からまず判断しますから、当然と言えば当然です。

今回は、この「見た目が9割・・・」を効率的に活用する方法を考えてみました。

営業セミナーや自己啓発系セミナーなどで紹介され、俗流解釈で有名な「メラビアンの法則」があります。

これは・・・

   会話・言葉・話の内容など言語情報が 7%

 話す口調・声の高低・速さなど聴覚情報が 38%

 全体の見た目・顔や目の表情など視覚情報が 55%

以上の割合で、人間はコミュニケ―ションにおいて情報を認識するというデータです。

よく数字を見てみると、視覚(見た目)と聴覚(音)の合計が93%

何を話すか?どんな内容を伝えるか?こんな話をすれば上手く伝わるかな? など、事前に段取りと準備をどんなに進めていても、実際に初回では、たった7%しか相手に伝わっていないという虚しい現実があります。

弱者の営業戦略で、一対一の接近戦を繰り返す場合で極論を言うと、

まず最初の「見た目」だけで「良いか?悪いか?」判断されてしまう確率が高いという事実は知っておくべきですね・・・しかも9割です。

であれば、考えることは「見た目を良くすること」「1回で覚えて貰うこと」

「1回会ったら、相手が次も会いたいと思って貰えるようにするには?」などを考え抜いて、営業戦術としてどんどん活用すれば良いとなります。

具体的には・・・

服装、髪型、顔の表情、笑顔、言葉遣い、姿勢の良い立ち居振る舞いなど、一般的に世間の常識という範囲で、相手に不快感を与えないにはどうすれば良いかなど再度見直してみます。

そして、敢えて目立つ色の服装をしてみたり、会話では「最近増えている詐欺や空き巣は、身なりがキレイで一見すると良い人に見えますからご注意ください!・・・ちなみに私は詐欺ではありませんのでご安心ください!」 など、何でも良いので印象に残るような会話術を考えることも重要です。

しかし、それよりも1回で終わりではなく、最低4回はお客様と面会して「接近戦」を行う、諦めない粘り強さが重要かもしれませんね!

9割を4倍で考えれば、かなり希望の持てる数字になります。

 

 

POINT

最初のイメージは、そう簡単に変えられない現実がある。

第一印象が悪く、良くないイメージを持たれてしまうと、それを覆すのは大変な時間と労力を要する場合がある。

「見た目より中身が大事だ!」と言うのも分かる。

しかし、悲しい現実だが、それは第一印象が良ければという条件付きで考えた方が賢明である。

 

~参考になるコメント集~ 

事業経営にきれい事は危険である 一倉定

英彩人 旬報 2016年1月号より

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*