販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

話題の言葉「鬼十則」を読んでみる。

痛ましい過労死事件から、その存在に注目が集まっている「鬼十則」。

(株)電通の4代目社長 吉田秀雄氏が昭和26年に制定した内容です。

そして、この吉田氏、終戦直後からいち早くアメリカの広告技術を研究して、現在の広告・広報業界の基を築いた方であります。

 

~鬼十則~

  1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
  2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
  3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
  4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
  5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
  6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
  7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
  8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
  9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
  10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

 

この中の、「5.取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。」が、
超長時間残業を暗黙に示しているようだと問題視されているのが、今回の事件です。

しかし、よく読んでみると、この全内容は「経営者・事業者向け」であって、これをサラリーマンや従業員に強要したことが問題だと思いますね!

また、制定した吉田氏ご本人の意志や制定した理由をよく理解している方が、ほぼ居ない状態で、その後の時代背景から都合よく解釈され、独り歩きしてしまったことも原因なのだと感じます。

改めて読んでみると、自分に厳しく。自分を成長させろ。影響力を持て。中長期の実行計画を持て。自信を持たないと、お客様を魅了出来ない。常に情報を集めろ。クレームから新しい信頼関係を築くことも出来る。・・・と解釈することも出来ますね!

「鬼十則」は、経営者向けで、従業員へ伝える場合は、その意味や志しまでジックリと説明すれば問題は減らすことが出来るでしょう。

 

 

Point

目標、戦略、社是、社訓、

理想とする言葉などなど、非常に参考になる内容は数多く存在する。

しかし・・・

それが作られた時代背景(完全に景気が上向きの時代や価値観が今と違う)などまで調べて、現在の価値観と合わせないと、残念で使えないことに陥ることもある。

 

樅の木

英彩人 旬報 2016年 12月号より

コメントを残す

*