笠間の自然薯(じねんじょ) 収穫祭2016を開催

2016年11月23日の祝日は、新嘗祭でもありますので、毎年恒例となりました笠間自然薯研究会の収穫祭が開催されました。

笠間自然薯 収穫祭

 

 

2016年は、夏から在庫が無くなってしまいまして、大変ご迷惑をお掛け致しました。

11月に入り、順調に糖度も上っているようで、当面は安定してお届け出来る状況になりました。

 

「他の産地の自然薯を食べたけど、やっぱり笠間産の自然薯が品質も味も最も優れています!」

「笠間産の自然薯は、擦りおろしてみると、真っ白で粘りがとても強いので、品質が良いのがすぐ分ります。」

 

・・・など、お客様の感想を頂いております。

最も嬉しい内容は、「笠間産の自然薯は、他の地域と何かが違う」という言葉です。

その地域の気候や土壌などの要因はあると思いますが、研究会のメンバーが最もこだわっている点である「有機栽培」を評価頂いているのだと考えております。

 

一言で「有機栽培」と言いましても、農薬は使用せず、肥料も研究会で15年以上のノウハウを共有、土壌作り、葉・蔓の伸ばし方などなど、実に様々な経験と試行錯誤を毎年重ねています。

 

化成肥料で育てられた自然薯と比べてみたという、あるお客様の感想によりますと・・・

もちろん見た目のキレイさは化成肥料を使った自然薯の方が、長さも太さも良いです。

しかし、擦りおろしてみると、こちらはどこか水っぽい、色がすぐ変色してしまう、風味に深みが無く淡泊である。

という感じです。

片や、笠間自然薯研究会の独自基準で栽培した自然薯は、擦りおろすと「お餅」のように真っ白で粘りが非常に強く、お箸で全部持ちあがる。そして濃厚な独特の風味が舌に残るので、食べてみると、すぐに分るというお話です。

 

笠間自然薯研究会の自然薯しか食べたことのない私にとっては、新鮮な感想でもあります。

 

いずれにしても、当分は待たずに自然薯が楽しめるということです!

 

含まれる栄養も、素晴らしいのが自然薯

ぜひ、たくさんの方々に食べて頂きたいと思います。

 

 

笠間自然薯 収穫祭

笠間自然薯 収穫祭

笠間自然薯 収穫祭

笠間自然薯 収穫祭

 お歳暮のご予約は下記で好評受付中です!

笠間自然薯研究会オンラインショップ

美白とろろ オンラインショップ

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*