販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

ホームページ(ウェブサイト)運営のポイント

ホームページ(ウェブサイト)は、開設し運営していて当然と言う時代。

(しかし、逆張りで「ウチは一切ありません!」とPRすることで目立つ戦略を考えることも可能ですが・・・認知されるまで苦労するでしょう。)

開設しておけば、勝手にたくさんのお客様が見てくれる、自動販売機のように毎日注文が来るというのは、もう20年近く前の話です。

開設していて当然という時代ですから、どの企業も店舗も運営していると考えれば、今はかなりの手間とコストと力を入れなければ目立たないということになります。

では、他よりも目立つために、新しいお客様に見てもらい信頼して貰うために必要な運営ポイントを考えてみました。
「安心感」を得てもらうための内容(コンテンツ)が充実しているか?

見る人が安心感を得るには、第3者の感想(お客様の声)が最強です。

お客様の顔写真や動画があれば、さらに良しです。

その証拠に、優良な売り上げとお客様を維持している企業は、必ず掲載されています。

また、その逆にシブトク無くならない悪徳広告の常套手段も、嘘のお客様の声を大量に掲載していますね!

善も悪も、両極で重視していますから、やはり中途半端はダメということです・・・

 

 

「新しい内容」が常に更新されていて、それが「注文する理由・問い合わせする理由」に繋がっている。

掲載する情報に動きがあれば、検索エンジンもお客様も反応してくれます。

またその内容が「お客様になって貰いたい相手(誰に)」
「どんな内容が気に入って貰えるか?(何を)」など、信頼して貰うために必要な内容になっているか?がポイントです。

要は、「お客様の不安・疑問・悩みを解決してくれる存在の人(会社)であることが物語のように掲載されているか?ということです。
これらをSNSやブログなど拡散効果の高い媒体とホームページを連動させて行けばOKです。

面倒で手間の掛かる作業かと思いますが、考えて実行し続ければ他社との差は大きく広がります。

どうしても面倒な場合はご相談を承りますね!

 

 

Point

検索エンジンは広告がメインで信憑性の高い情報が上位に表示されていると判断しにくい状況。

賢い消費者は、そこを見抜いている。

ホームページは、こちらから宣伝して見てもらう活動をして、信頼獲得をした方が確実とも判断できる。

 

英彩人 旬報 2017年 3月号より

 

コメントを残す

*