通販物語 

天日干しの品質にこだわる!干し芋2016~2017年販売シーズン終了の御礼

2016年~2017年の干し芋販売シーズンも、2017年3月20日で無事に終了となりました!

「あまいも-Amaimo-」

「太陽のIZUMI」

2つの干し芋ブランドを今シーズンもご愛顧頂いたお客様に深く感謝申し上げます。

 

「あまいも-Amaimo」では、今シーズンから干し芋乾燥機を導入しました。

しかし、あくまでも最初の乾燥段階で使用し効率をアップさせる目的のみで、仕上げの天日干し工程は必ず太陽の光に数日ほど当てます。

この理由は、「甘さ」に他なりません。

やはり、ゆっくりと時間を掛けて、冷たい風で乾燥させることで干し芋の糖の甘さが深まります。

ご注文のお客様になるべく早くお届けしたいという気持ちはあるのですが、干し芋の品質には特に拘るということになりますので、どうかご理解ください。

 

続いて「太陽のIZUMI」も、ネーミング通りに太陽の光のみで乾燥させる正真正銘の「天日干しの干し芋」です。

 

今シーズンは、2016年9月の長雨と日照不足の影響からか、原料芋が例年よりも小振りで糖化作業の終盤2月頃には熟成が進み過ぎて商品にならない状態でした。

その影響で、販売数量も前年よりも若干ですが少なくなってしまいました・・・

 

稀少品種を楽しみにしていたお客様には、大変申し訳ございません。

 

干し芋は年々高級化していますが、その裏側では乾燥機の導入が当たり前のように進んでいます。

乾燥機を使って乾燥させた干し芋は効率が良く、約2日程で仕上がる場合もあります。

そうするとネットリ感が強く、食べるともちろん美味しい干し芋です。

しかし、そこからさらに天日で乾燥させると、干し芋の表面が乾燥し糖化もさらに進み、甘さが深まります。

効率をアップさせれば、売れる → 儲かる・・・

となりますが、この2つの干し芋ブランドは、効率よりも品質にこだわることは絶対に外せないというポリシーで生産しています。

 

注文してからお届けまでお時間を頂く理由が、ここにあります。

 

と言うわけで、来シーズンも期待にお応えするために品質重視の干し芋生産を続けます。

 

2017年5月~は、苗の植え付けからスタートします。

今年もお天気の安定を祈るしかありませんが、来シーズンにご期待ください!

 

 

 

来シーズンの御予約は、2017年11月中旬頃にお知らせ致します。

 

冬の天然スイーツ干し芋 あまいも-Amaimo-

幻の干し芋「いずみ13号」の太陽のIZUMI

 

2大干し芋をブランドのご愛顧を宜しくお願い致します!

 

コメントを残す

*