販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

“共感”をキーワードに新規顧客を獲得

ここ数年は、超高齢化、人口減少、少子化が大きな課題ということで、
その解決策の一つで、まずは「出会い」「婚活」というキーワードを頻繁に目にします。

ここで成功した事例や、なかなか上手く行かない事例などを見る機会がありまして、
結婚相手を獲得することと、新しいお客様を獲得することに多くの共通点があり、
大変興味深いので、今回はその共通点を考えてみました。

深く考えてみると、婚活でパートナーを見つけることと、新しいお客様を見つけることは、
「共感」というキーワードで考えると、ごく自然なことだと気が付きます。

 

「どこか気が合う、フィーリングがなぜか自然と合う」

「一緒に話していて、なぜか昔からの知り合いのように感じる」

「顔を見ても嫌な感じが全くしない、一緒に居て安心する」

 

こんな感じは、誰でも経験はあると思いますが、即座に苦労せず、
すんなりと上手く行けば良いのですが、なかなかスムーズに行かないのが現実です。

では、具体的にどのような会話や質問などで「共感」を引き出して行けば良いのでしょうか?

まずは、話の内容に同意して、決して否定しないのがポイントです。

そして、会話の中で「意外性」のある内容(予想外のネタ)や、
特異性のある内容(少し珍しい、変わったコト)、
新規性のある内容(今まで無かったようなコト)を引出し、
その内容を深堀して行くような会話を進めて行きます

 

このように会話を進めて行くことで、相手は自分を信頼するようになり、
そして会話の中から、新しいアイディアが閃いて、相手の抱えていた問題の解決策に繋がることもあります。

 

何か一つでも「共感」出来るモノを見つける。

そして、共感から同じ目線、同じ欲求で目的に進んで行くという意識が生まれれば、
もうパートナー成立
となるのではないでしょうか?

口コミで拡散される情報も、ほとんどは、この「共感」から生み出されていますので、
ぜひ活用してみたいですね!

 

 

Point

自分と全く違う価値観だったとしても、相手を理解し尊重することで、共感を得る。

相手を攻撃・否定は、もちろん論外

また、マイナスな意見や競合の悪口も大きな逆効果に繋がるので、要注意!

要は、相手に会話で不快感を与えないことに繋がる。

 

英彩人 旬報 2017年5月号より

コメントを残す

*