干しいも百科

「いずみ13号」干し芋(ほしいも)品種紹介

いずみ13号

~干し芋ファンが最後に辿り着く、知る人ぞ知る絶品の希少品種~
栽培が難しく手間が掛かるために、生産する農家は年々減り続けている品種が「いずみ13号」です。

そのため「幻の干し芋」と呼ばれ、希少品種と呼ばれて久しいです。

そのそも、ひたちなか市の海沿いで水はけの良い土壌だから、美味しく育てられる品種でもあります。
原料芋は、白くて小さ目なので、すぐに「いずみ13号」と分かります。
独特の濃厚な甘さと、ネツトリした食感、飴色(べっこう色)が特徴で、

強い甘さとねっとり感が好きな方には、たまらない「絶品干し芋」です。

毎年、発売するとすぐに完売になってしまうほどの超人気の希少品種でもあります。

 

平干し芋

 

丸干し芋

 

コメントを残す

*