お買い得情報

笠間の自然薯(じねんじょ)新物の収穫&発売スタート

2017年の秋も深まり、朝晩の冷え込みが大きい時期

寒暖の差が大きく品質の優れた自然薯の栽培に最適な気候の、茨城県笠間市産の自然薯(じねんじょ)が

いよいよ収穫と発売時期を迎えました。

 

 

まずは、笠間自然薯研究会の弓野さんの畑から

真っ直ぐで太く長い、良質の自然薯が次々と登場しました!

 

 

続いては、今年から会長に就任したトーマス農園の深作さんの「美白とろろ」です。

こちらも10年以上に渡って無農薬の土壌で栽培しています。

土の力を最大限に活用して育った自然薯は、生命力の塊です!

ですので、粘りも強く、風味も濃厚

数多くの飲食店さんからも引き合いを頂いております。

摩り下ろすと真っ白で、まるで「お餅」のようになります。

めんつゆなどで伸ばすと、1本で約15~20人分の「とろろご飯」が出来ます。

 

2017年11月26日は、毎年恒例の「収穫祭」を開催

じねんじょ入りの串だんごなどを、無料でご提供させて頂きました!

 

 

お歳暮ギフトも、好評発売中です!

貰った方が、その粘りと美味しさに驚いて、さらにギフトとしてお贈りする・・・

こんな大変ありがたい“御縁”が広がっております。

 

真冬の免疫力アップに、年末の年越し蕎麦に、年始の三日とろろに

ぜひ、毎シーズンご賞味頂けると嬉しいです!

 

 笠間自然薯研究会オンラインショップ

 トーマス農園の「美白とろろ」オンラインショップ

 

 

 

コメントを残す

*