通販物語 

寒さ対策には、「自然薯(じねんじょ)」がお薦めです!

年末の「年越しそば」には、自然薯入りの「とろろそば」を食べて年越し

そして、お正月3日は、「三日とろろ」を食べる習慣があると思います。

 

自然薯(じねんじょ)は、日本原産のヤマイモで学名も「Dioscorea japonica」ですから、

日本人の身体には、最適な野菜であると言えます。

 

特に寒さが厳しい1月以降は、何かと体調を崩す方も多いと思います。

その予防には良質な栄養補給と、規則正しい睡眠時間、適度な運動ですね!

 

その栄養補給には、まさに「自然薯(じねんじょ)」が最適であり、最良の食べ物と言えます。

古くは「山薬」と呼ばれ、漢方薬として食べられて来て、滋養強壮・疲労回復・虚弱体質の改善・食欲増進・免疫力アップ
など優れた効果は折り紙つきです!

 

そんな自然薯も1月以降は、寒さが厳しく糖度が最高になります。

糖度が上がると、粘りも風味も濃厚で栄養価もさらに上がりますから、まさに言うことありませんね!

 

ぜひ1月以降は、体調管理のために「ご自分用」に食べてください。

 

「お餅のような白さと粘り」をご覧ください。

 

 笠間自然薯研究会オンラインショップ

 

 トーマス農園の「美白とろろ」オンラインショップ

どちらも、毎月お届けする「定期購入」プランが人気です!

コメントを残す

*