干しいも百科

干し芋の原料「サツマイモ」のルーツ

干し芋の原料は「サツマイモ」です。

もちろんサツマイモだから、鹿児島県から伝わって来たのですが、そのルーツの原産地は中南米のメキシコ周辺というお話です。

源流は、中南米~東南アジアへ伝わり、中国~琉球(沖縄県)へ、そして17世紀に九州の鹿児島県へ伝わったという流れのようです。

ですから別名も、甘藷(かんしょ)、唐芋(からいも)、琉球薯(りゅうきゅういも)など、そのルーツに因んだものもあります。

 

サツマイモは、土壌があまり良くなくても地中に豊富な実を着ける植物

昔から飢饉や戦時中などでは、貴重な食物でたくさんの人々の命を救った食物でもあります。

 

昔話を知ると、その「甘さ」に感謝の気持ちも湧いて来ますね・・・

 

target=”_blank”>0661 からいもと盗人 投稿者 nihonnotakara1983

コメントを残す

*