販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

ホームページ 「トップページ」はどう表現するか?

ホームページで視覚的に重要なものは、当然ながら玄関である「トップページ」です。

ホームページ制作の依頼を受けるとき、下記の質問をしています。

1.誰に商品・サービスを買ってもらいたいですか?

2.商品・サービスを買った人が受け取る利益は?

3.何をどのように売り出したいですか?

4.他社ではなく、あなたの会社・お店で買う・買わなくてはならない理由は?

5.お客様に与えられる信頼感・実績はありますか?

難しいでしょうか? 自分のことになるとなかなか答えが出てこない場合が多いですね。

結論を言えば、「自社の価値を主張」することになります。

 

では、上記の質問のヒントをお伝えしたいと思います。

1.欲張らずターゲットを思い切って絞ってみると良いかもしれません。

まずは「性別・年代」、そして「生活環境」「趣味嗜好」で考えてみます。

2.買った人を自分に置き換えてみてください。「買って良かった~!」と心底感動した経験を思い出してみては・・・

3.自分では良いと思っていても、それが欲しいと思わない人から見たら、どうでもイイ場合がほとんどです。

見た人が「すぐに欲しい!」と反応するほどのサービスを付けられるか?考えてみてください。

4.これが最も難しいのではないでしょうか?まず競合他社と自らのサービス内容を書き出して“差別化”できる箇所を入念に分析してみてください。

そして自らのサービスの弱みと強みを客観的に見て、弱みがあれば強みに変えられないか? 強みを圧倒的な強さに伸ばせるか?を考えてみてください。

5.これは少し手間が掛かりますが、これまでのお客様(既存客)にアンケートなどで「自社の良いところ」を聞き集めます。意外と「噂」が信用されるように人間は“第3者の声”は信用しますし、聞きたいという意識を持っています。それに素直に応えると信頼感もアップします。

いかがでしょうか?

こちらもじっくりと検証して強みを表現して反応の良いホームページにして行きましょう。

※ポイント

・「自分に置き換えて考えてみる」

・第3者の声をたくさん集める(既存客の感想)

・オーナーや販売者(ホームページの管理者)など“人物”を目立たせる

英彩人 旬報 2010年11月号より

コメントを残す

*