自然薯(じねんじょ) 新物の収穫をお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

2014年9月14日は、恒例となりました笠間自然薯研究会の会員圃場廻りです。

会員同士で畑を訪問し、栽培方法の情報交換をしながらノウハウを共有します。

この会員同士の活動と切磋琢磨する姿勢が、十数年で全国トップレベルの品質を誇る自然薯に育った秘密でもあります。

 

笠間のじねんじょ

こちらは、会員の中でも拘りと品質はトップレベルのトーマス農園 深作さんの「美白とろろ」

自然薯畑

 

今年は天候に恵まれたお陰で、すでに太く大きく育っている証拠となる「地割れ」がありました。

自然薯畑

葉の色も良好で、健康状態はすこぶる良さそう。

ということは・・・自然薯の栄養レベルも相当良い状態ということが予想できます!

 

自然薯の花

こちらは、自然薯の花

なかなか見ることは少ないと思います。

 

むかご

炊き込みご飯にすると、香ばしく絶品として人気の「むかご」ですが・・・

しかし、自然薯が豊作だと「むかご」は少な目という傾向がありまして、ここ数年は残念ながら少な目が続いております。

植物や自然の法則には、逆らえませんね!

 

自然薯畑

 

笠間じねんじょ研究会

笠間自然薯研究会も新メンバーが加入して、徐々に若返りつつ、これまで蓄積して来た栽培ノウハウも大事に継承して行きます。

 

今後の予定は・・・

10月末~11月初旬に新物の収穫がスタート

11月中旬頃から、新物の発売がスタートする予定です。

 

それに伴って、各種秋のイベントにも出展して行きますので、どうぞ茨城県笠間市の現地にて新物の自然薯をご堪能頂ければと思います!

 

 

 

☆自然薯のお買い物は、品質日本一の呼び声高い茨城県笠間産の「自然薯(じねんじょ)をお選びください!

笠間自然薯研究会のプレミアムギフトシリーズ

トーマス農園の「美白とろろ」シリーズ

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*