頑張らない営業のヒント ~ストレスの無い新規開拓手法~

頑張らない営業のヒント ~ストレスの無い新規開拓手法~

頑張らない営業のヒント9

心が折れない“考え方”     「営業」は、社内での出世や昇進を考えなくてもOKな、楽な仕事である。 営業マンの出世は、どれだけたくさんのお客様と知り合いになれるか? どれだけ信頼され信用される人間になれるか?である。     将来の独立を考えて、営業を学んでいた当時の私が考えていた発141 続きを読む

頑張らない営業のヒント ~ストレスの無い新規開拓手法~

頑張らない営業のヒント8

飛び込み営業3回目以降の訪問   「見込み客となるお客様の心を掴み、いかに感情的な繋がりを持つことが出来るかを考える」   誰でも3回以上会って何度か会話をすれば、心理的に「知り合い」に近づくと思います。 ここから先は、いかに見込み客を増やして維持するかが重要です。 この作業を楽しむことが出来れば、「今日の行141 続きを読む

頑張らない営業のヒント ~ストレスの無い新規開拓手法~

頑張らない営業のヒント7

飛び込み営業3回目の訪問   「3回目は、“質問”と“提案”   リサーチしたお客様のニーズに合わせた情報を持って、本音を引き出す質問をする。」   人は3回も会えば、「顔見知り」という感覚ではないでしょうか?   3回も会えば、どんなお客様も、ある程度は心を開いて来ます。   この段階で141 続きを読む

頑張らない営業のヒント ~ストレスの無い新規開拓手法~

頑張らない営業のヒント6

飛び込み営業2回目の訪問 「2回目の訪問は、“調査”(リサーチ)   自分にとって見込み客になるかどうか?訪問先のお客様のニーズを探る活動。」   ここで言う「お客様のニーズ」とは、消費者としての不満や要望、日頃から解決したいと考えている問題です。 それを“調査”(リサーチ)で聞き出す作業に徹します。   2141 続きを読む

頑張らない営業のヒント ~ストレスの無い新規開拓手法~

頑張らない営業のヒント5

飛び込み営業1回目の訪問 「1回目の訪問は、“ご挨拶” お客様から聞かれない限り、こちらからの商品説明せずに、ご挨拶の訪問件数を増やすことだけに専念する。」 初対面の相手から、いきなり物を買う人は殆どいません。 何度か会って、ある程度の信頼関係が出来て「あなたは何者か?」「信用できる人間か?」が分るまでは誰でも警戒します。 飛び141 続きを読む

頑張らない営業のヒント ~ストレスの無い新規開拓手法~

頑張らない営業のヒント4

新規訪問時の考え方 「商品を売り歩くのではなく、お客様の欲しい商品は何か?をまず聞きに行く。」 ノルマや目標数字に追い立てられると、簡単なようで、つい忘れがちなことですね! 自分の販売する商品を欲しい可能性があるお客様が見込み客 そして、その数を増やして、それぞれのお客様に商品提案を繰り返すことで結果は自然と出て来ます。 &nb141 続きを読む

頑張らない営業のヒント ~ストレスの無い新規開拓手法~

頑張らない営業のヒント3

相手(お客様)の考えを変える努力は至難の業   それよりも、自分自身の考え方と行動を変えることが先であり、容易である。   ストレスを溜めない発想法です。   商品の説明や提案、そしてクロージングなどで行き詰まってしまうと、無意識に陥っている可能性がある思考です。 「あの人は、なぜ私の言ってる提案が理解できな141 続きを読む

頑張らない営業のヒント ~ストレスの無い新規開拓手法~

頑張らない営業のヒント2

初回訪問の発想転換 「このお客様と長い間、お互いがビジネスパートナーとして、メリット(利益)が得られる関係になれる人がどうか?を見極める活動をする。」 飛び込み営業でスタートした私は、新規のお客様を開拓するとき、このような考えにしました。 最初から「見込み客」を見つける 「売る相手を見つける」 「買ってくれる人を見つける」 など141 続きを読む

頑張らない営業のヒント ~ストレスの無い新規開拓手法~

頑張らない営業のヒント1

「売れる営業マン、お客様から好かれる営業マンは、自分からは喋らない   何が欲しいのか?何が悩みなのか? お客様に話をさせることが上手い。」 自分のことを話したがる人は結構多いですね!(このような人に限って人の話は確実に聞きません。。。) 他の成功事例や体験談などは別として、他人の自慢話などは、あまり聞きたくありません。 なぜ売141 続きを読む

頑張らない営業のヒント ~ストレスの無い新規開拓手法~

頑張らない営業のヒント

新規開拓が出来る営業スタッフは、貴重な戦力であり“人財”です。 しかし、営業という仕事自体が嫌われる傾向にありますので、なかなか育たないのが現実の問題でしょう。 でも、成り手が少なければ、それだけチャンスも広がるという逆転の発想もあります。 その発想がすぐに思い浮かぶ人がビジネスの世界で生き残る人ではないでしょうか?  141 続きを読む