販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

自社の商品やサービス内容を再確認してみると出て来る効果

自分の事業や所属する会社で扱う、商品やサービスの内容を本当に深く理解しているのか? 客観的に考えることはあまりないと思います。 この「本当に深く理解」という意味は、ご成約してもらいたい相手(お客様)が持つ解決したい悩みや叶えたい希望を実現させるために、自分の扱う商品やサービスが、どう役に立つのか? そして具体的にどのように提案出141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

商品説明の会話で信憑性をアップさせる方法

お客様に商品やサービスを提案し、ご成約までいかにスムーズに会話を進めるか?は、どんな業界にも共通することです。 今回は、この一連の流れの中で、どのようにして商品説明の信憑性を上げて、お客様に納得して頂くか?を考えてみました。   まず、自分が販売して取り扱う商品やサービスのメリットをお話するのは当然です。 その中から、141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

お客様の競合他社への流出を防ぐ方法

自分の会社と一度でもお取引をしたお客様は、「自分の顧客である」と思いがちです。 しかし、それは勝手な思い込みであることが多々あります。 自分がどこかの店舗で買い物をしたり、ここぞと思った会社に何かを依頼して「お客様の立場」で考えてみれば、分かることです。 たまたま手頃な値段で売っていたから・・・ ちょうど、折込チラシを見たから、141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

「見た目」を効果的に活用するには

「人は見た目が9割で決まる」とは、よく知られた言葉です。 そんなことはない!と思いたいですが、残念ながら現実はその通りのようです。 今回は、一般的に「ハロー効果(後光効果)」と言われるモノを効果的に活用するやり方や注意点を考えてみました。   まず、最も使いたい内容が販促に活用する方法です。 一番使われているのが、「第141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

売れる仕組みは、どうやって作るか?

「仕組み」を一度作ってしまえば、あとは楽・・・ 「売れる仕組み」「お客様が集まる仕組み」が出来れば、売り上げの見込みが立つ・・・と、よく言われます。 誰でも楽にコトを進めたい、でも苦労はしたくないという下心があります。   今回は、少しでもリスクがなく楽をするために、その「仕組み」の作り方を具体的に考えてみました。 &141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

お客様への「提案」で反応を得る方法

商売、営業など、どんな活動でも結果へ繋げるための最初の行動は、「お客様へのご提案」が必要です。 しかし、なかなか結果に繋がらない・・・お客様が反応してくれない・・・ というお悩みは尽きない課題だと思います。 そこで、今回は「お客様へどんな提案方法を行えば反応を得られるのか?」を考えてみました。   まず最初のステップと141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

いつの時代も、どんな業種でも使える集客のファーストステップ

新規のお客様を獲得する方法は、いろいろと存在します。 あの手・この手とノウハウが出て来ますが、いつの時代でも、どんな業種の業界でも、 とりあえず使える集客手法は、どんなやり方なのか? 今回は、改めて考えてみました。   まずは、特別で特殊な手法などではなく、「体験・お試し・モニター」と、どこでも聞いたり見たりしたことの141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

“共感”をキーワードに新規顧客を獲得

ここ数年は、超高齢化、人口減少、少子化が大きな課題ということで、 その解決策の一つで、まずは「出会い」「婚活」というキーワードを頻繁に目にします。 ここで成功した事例や、なかなか上手く行かない事例などを見る機会がありまして、 結婚相手を獲得することと、新しいお客様を獲得することに多くの共通点があり、 大変興味深いので、今回はその141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

検索対策の効果的な実践方法はあるか?

インターネットの検索結果は、ここ最近、変動が激しいと感じている方も多いと思います。 余談ですが・・・ご自分でいつも使うパソコンでウェブサイトを閲覧する場合、いつも同じキーワードを入力したり、同じページを見ている場合は、その履歴から同じページか、又は類似するページが上位に表示されます。 所謂、本当の検索結果は、次の方法でブラウザ(141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

ホームページ(ウェブサイト)運営のポイント

ホームページ(ウェブサイト)は、開設し運営していて当然と言う時代。 (しかし、逆張りで「ウチは一切ありません!」とPRすることで目立つ戦略を考えることも可能ですが・・・認知されるまで苦労するでしょう。) 開設しておけば、勝手にたくさんのお客様が見てくれる、自動販売機のように毎日注文が来るというのは、もう20年近く前の話です。 開141 続きを読む