販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

売れる仕組みは、どうやって作るか?

「仕組み」を一度作ってしまえば、あとは楽・・・ 「売れる仕組み」「お客様が集まる仕組み」が出来れば、売り上げの見込みが立つ・・・と、よく言われます。 誰でも楽にコトを進めたい、でも苦労はしたくないという下心があります。   今回は、少しでもリスクがなく楽をするために、その「仕組み」の作り方を具体的に考えてみました。 &141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

お客様への「提案」で反応を得る方法

商売、営業など、どんな活動でも結果へ繋げるための最初の行動は、「お客様へのご提案」が必要です。 しかし、なかなか結果に繋がらない・・・お客様が反応してくれない・・・ というお悩みは尽きない課題だと思います。 そこで、今回は「お客様へどんな提案方法を行えば反応を得られるのか?」を考えてみました。   まず最初のステップと141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

いつの時代も、どんな業種でも使える集客のファーストステップ

新規のお客様を獲得する方法は、いろいろと存在します。 あの手・この手とノウハウが出て来ますが、いつの時代でも、どんな業種の業界でも、 とりあえず使える集客手法は、どんなやり方なのか? 今回は、改めて考えてみました。   まずは、特別で特殊な手法などではなく、「体験・お試し・モニター」と、どこでも聞いたり見たりしたことの141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

“共感”をキーワードに新規顧客を獲得

ここ数年は、超高齢化、人口減少、少子化が大きな課題ということで、 その解決策の一つで、まずは「出会い」「婚活」というキーワードを頻繁に目にします。 ここで成功した事例や、なかなか上手く行かない事例などを見る機会がありまして、 結婚相手を獲得することと、新しいお客様を獲得することに多くの共通点があり、 大変興味深いので、今回はその141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

検索対策の効果的な実践方法はあるか?

インターネットの検索結果は、ここ最近、変動が激しいと感じている方も多いと思います。 余談ですが・・・ご自分でいつも使うパソコンでウェブサイトを閲覧する場合、いつも同じキーワードを入力したり、同じページを見ている場合は、その履歴から同じページか、又は類似するページが上位に表示されます。 所謂、本当の検索結果は、次の方法でブラウザ(141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

ホームページ(ウェブサイト)運営のポイント

ホームページ(ウェブサイト)は、開設し運営していて当然と言う時代。 (しかし、逆張りで「ウチは一切ありません!」とPRすることで目立つ戦略を考えることも可能ですが・・・認知されるまで苦労するでしょう。) 開設しておけば、勝手にたくさんのお客様が見てくれる、自動販売機のように毎日注文が来るというのは、もう20年近く前の話です。 開141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

どんな人を顧客にしたいか?販促企画を考えてみる

経営、事業をやっていれば、「お客様を増やしたい」というのが最大のテーマですし、永遠にそれしかないとも言えます。 そこで、すぐに使えそうな販促企画のネタを、考えてご紹介して行きたいと思います。   まずは、漠然と「お客様を集めたい・増やしたい・お得意様になって貰いたい」と自分で勝手に思っても、お客様の状況や立場などは千差万別です。141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

情報を見抜く選択眼

2017年のスタート、今年はまず正確な情報を見抜く眼を意識する。 そして自らも正確で本当に役立つ情報を発信することが重要であることを、改めて確認したいと思います。 昨年末に、某IT企業の運営するいわゆる「まとめサイト」の内容が、全く信憑性のない「テキトー」な情報で、それは、単に検索エンジン分野で一部の人から“神様”と崇められてい141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

話題の言葉「鬼十則」を読んでみる。

痛ましい過労死事件から、その存在に注目が集まっている「鬼十則」。 (株)電通の4代目社長 吉田秀雄氏が昭和26年に制定した内容です。 そして、この吉田氏、終戦直後からいち早くアメリカの広告技術を研究して、現在の広告・広報業界の基を築いた方であります。   ~鬼十則~ 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。 仕事141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

分かったようで、よく分からない格好イイ言葉 ~その3~

今回も引き続き意味が分かったようで、よく分からない言葉(キーワード)をご紹介しますが、「全然分からない!」という印象の言葉を選んでみました。 この手の言葉は、自分は理解していて会話で使っても、相手は全く理解できない・・・ということも度々起こる可能性がありますから要注意ですね!   VR (バーチャルリアリティ ・ Vi141 続きを読む