販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

お客様に口コミして貰うために必要なことを考えてみる。

自分(自社)と取引をして頂き、お客様となって頂いた方々がどんどん口コミで宣伝してくれる場合や、そんな店舗や会社が繁盛している事例はよくあります。 今回は、どのようにすれば同じようにお客様が「口コミ」で宣伝して貰えるのか?を考えてみました。   まず「口コミ」で繁盛している店舗や会社をリサーチすると、お客様との距離感を維141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

効果を上げるホームページ運営に必要な考え方とは?

ホームページ運営は、もう電話番号の有無と同じで、半ばあって当たり前という時代になりました。 とにかく何でも良いので、検索で会社名などを入れたら名前が出て来て、ある程度の内容が分かる状態であれば、特に大きな問題はないです。 しかし、ここから突出して効果を上げたいと誰もが考えますが、「当たり前」な存在である以上、なかなかすぐに運営が141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

先は読めない・・・対策をどうするか?

「先が読めない」・・・と、よく言われると思いますが、その原因や具体的な対策はあるのか? それを今月は考えてみます。 まず、今はいろいろな情報が錯綜する時代、流行の商品は出ても、あまり印象に残らず、また流行廃りの入れ代りも早く感じると思います。 ヒット商品は「狭いカテゴリー」の一部の人達から、じわじわと口コミで広がる場合も増えまし141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

時間の確保をするための考え方

2016年も、早くも4分の1が過ぎようとしています。 毎年、時間の過ぎるのが早い!の繰り返しで、去年と今年で、特に大きな進化も進歩も変革も無い!と感じている方は、私も含めて少なからずおられると思います。 そこで今回は、時間の確保について考えてみました。   まず、何かを新しくスタートさせるには、「時間」は必要不可欠です141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

独自のウリと差別化を改めて考えてみる。

「お客様が抱える疑問・不安の解決策を提供するのが、商売で上手く行くコツである」とは、良く聞くフレーズです。 そのために、お客様から本音を引き出すために「質問」するコツを上達させましょう! そして、いろいろなアイディアでお客様にとって最適な商品・サービスをご提供して行きましょう!・・・ こんな感じの流れが「営業戦略」を考えるステッ141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

自問自答で知恵を絞り出す方法

「お客様の立場でよく考えよう」 「お客様の知りたいことをよく考えよう」 ・・・など、新しい商品やサービスの販促を思い立ち、その参考にしようと参加したセミナーや勉強会で、○○コンサルタント先生がもっともらしく使う言葉です。 いつも具体的に「何を?どう?」、「よく考えれば良いの?」・・・と、素朴な疑問を持つことになると思いますね。 141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

買った後をイメージさせるのは重要

自分の持つ商品や提供するサービスをお客様にすぐに買って頂く。 しかも、継続してたくさんのお客様に購入して頂く・・・ これが誰もが理想とする商売繁盛のイメージですね! 今回は、ご成約・購入確率の高いお客様(見込み客)を集めた後で、 “最後のひと押し”で、お客様の背中を押してあげるために必要なことは、何か?を考えてみました。 まず、141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

チラシ・広告の文章・・・上手く機能しない理由

チラシ・パンフレット・ハガキ・ダイレクトメールを始め、ホームページまで、広告の文章で何を書くかが重要なのは分かっていても、いざ書くとなると、簡単そうに見えて、実際に取り掛かると難しいものはないと感じます。 だから、いざ広告を出そうと思っても、第三者である専門業者にお願いする機会が多くなります。 (丸投げは、最悪です。。。) しか141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

どんな層のお客様を獲得したいか?

これからはローコスト戦略ではなく、プレミアム戦略に転換が必要! と、世の中がデフレからインフレに移行するとともに、物価が徐々に上昇。 これまで中流層と呼ばれた層が減って行くと予想されています。 そうなると高額な価格帯で販売しようと「富裕層を狙おう!」や、ネーミングに“プレミアム”と付けるのが、 ここ最近の流行です。 しかし、ただ141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

人間の“欲求”を考えてみる。

商品が売れる時、必ず「購入の動機」が存在すると思います。 お客様は、何が欲しいのか? なぜこれを選ぶのか? どうしてこれを選ぶに至ったのか?・・・ これまで、「お客様に直接聞いてみる」ことが、最も効率的であると提案して来ましたが、実はお客様自身も、自分の理想や心理などの詳しい部分までは、あまり気付いていない場合もあります。 そこ141 続きを読む