販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

ソーシャルメディアの効果的な活用方法

個人や組織を問わず「情報発信」が自由に行えるツールとして、既に社会インフラになったと考えてもいい「ソーシャルメディア」ですが、改めて有効な使い方を考えてみました。 ソーシャルメディアの種類はfacebook、LINE、Twitter、LinkedIn、mixi、Pinterest、YouTube など著名なものなら既に使いこなし141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

文章は、どう書く?

  自分が販売する商品やサービスを「お客様に伝える」ことを総称して「広告」と呼びますが、何をどのように書くべきか?で悩む方は多いです。 チラシやメールでの販促活動でも、「何が書いてあるか?」で反応も大きく変わって来ます。 また、ホームページでもGoogleなどの検索エンジンがアップデートされて、WEBサイトを見る人にと141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

人は誰でも「物語」好き

お客様は、広告の何に反応してくれるのか?を考えて来ましたが、今回は「人はどんな内容が好きなのか?」に焦点を当ててみました。   ここで出て来るのが「人間は物語(ストーリー)が大好き」に集約されると考えてみました。   実際、毎月次々と出版される新刊本のタイトルやカテゴリーを見ても、そしてセミナーや講演会の内容141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

広告の反応を増やす劇薬は存在するのか?

お客様の目が肥え、そして色々な情報が氾濫し、広告や売込みに対する警戒心が最高レベルまでアップしていると言えるのが今の時期ではないでしょうか? しかし誰でも広告を出したら、結果を大きく期待しがちですね! 今回は、こんな背景を踏まえて「広告の反応を増やす魔法の劇薬はあるのか?」を考えてみました。   まず最初は、「仮想の敵141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

お客様に支持されるホームページのコンテンツとは?

インターネット検索エンジンのアップデートで、ホームページの最も効果的なSEO対策【Search Engine Optimization】(検索エンジン最適化)は、「良質なコンテンツを掲載すること」と言われています。 他にも技術的な部分のSEO対策はありますが、ブログへの掲載など自分で出来て、実行可能な最も簡単な部分がこれになりま141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

キーワード 「絆」 と 自己満足の排除

気持ちも新たになる4月の新年度・・・ 大手企業も「O2O(Online to Offline/オー・ツー・オー)」(ネット上から、ネット以外の実店舗などへの行動を促す施策)を活用して集客や販促を開始するなど、インターネットとホームページを使い、直接の購買行動に影響を及ぼす仕掛けを次々と仕掛けて来ています。 動きは静かに感じますが141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

表面的に真似しても・・・

いろいろな講演会やセミナーは、いろいろな団体や勉強会単位で業界に関係なく日々、多種多様に開催されていると思います。 ここで語られるテーマや内容について、どう「活かすか?」を考えてみました。 まず、間違いなく最も多く語られるテーマが「成功事例」でしょう。 続いて、「どん底からの逆転劇」 「灰色人生からバラ色人生への華麗な転身劇」な141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

幻想・依存・麻薬から抜け出す方法・・・

メールマガジンやFAXで送られて来る案内、そして様々な団体に所属すると頻繁に誘われる講演会やセミナー、毎月のように出版されるビジネス系の啓発書籍・・・ 普段、少し意識するだけでも、「売り上げアップノウハウ」、「成功法則セミナー」、「ホームページ活用・売り上げアップSEOセミナー」などなど、実に様々なテーマのセミナーや講演会が実施141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

2013年 営業活動 トレンド予測キーワード

2013年、今年も少しでもお役に立つ内容をお届け致しますので、宜しくお願い致します。 さて、今回も今年の大まかな予測をご紹介します。 まずは、昨年の1月号でもご紹介した「O2O」オー・ツー・オー (Online to Offline オンラインとオフライン ※ホームページ上で来店・購買を促す仕組みを作り、実店舗やイベントへ集客す141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

ホームページ・WEBサイトの考え方・使い方

2012年も早くも師走、今年の印象をお伝えしますとホームページ・WEBサイトの使い方・考え方を改めて見直してみるべきと思います。 まずは、1年は早いと感じる人が多いと思いますが、時代の流れ・世界の変化・情報機器の流行が早いのが大きな理由ではないかと思います。 それに伴ってホームページ・WEBサイトも変化しますので。 特に今年20141 続きを読む