販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

売りたい商品の想い、分かって貰えているか?

どんな商品やサービスでも販売・提供する側からすれば「コンセプト」(概念・思想・考え方)はあると思います。 しかし、「これは必ず売れるだろう!」と売り手が考えている商品ほど、あまり売れなかった・・・という経験を私も何度か見て来ました。 その理由は、単純に「お客様に商品・サービスの内容が具体的に伝わっていないから」と判断できます。 141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

どこでも使えるセールスの論理展開を考えてみる

参考情報を探すために、いつもたくさんのWEBサイトや書籍を見るのですが、どこでもある程度共通している「論理パターン」がありますので、今後の参考と応用の意味で、ご紹介します。 1. 問題提起 悩み、苦労、不満、不安、不便など現状の問題を気付かせます。 2. 出て来た問題を共感共有する 「以前の私も同じでした・・・でも・・・」 「こ141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

「会いたいと思う人」に会える方法は存在するか?

先日、ある人材育成・派遣会社が発表した「日本の企業の81%が“人材不足を感じる”という調査結果が話題になっています。 ちなみに、世界の人材不足感の平均は34%だそうです・・・ 不況、失業率アップ、新卒者の内定率ダウンなどの状況から見ると、日本の数値は非常に不思議というか不可解な数字ですね。。。 ある人は、「自社内の都合を無意識に141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

SEO対策・・・コンテンツが命

最近、検索エンジン大手のGoogleが検索アルゴリズム(検索結果の並び順を決める決定法則)の変更を頻繁に行い、検索順位も頻繁に変動しています。 これは“過剰SEO”サイトの排除が目的のようで、中には存在している「悪徳SEO業者」の排除もあります。 これで数年前から続いていた“SEOバブル”も終わりを迎えるようです。(※作為的なリ141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

売り上げを上げるには?

「売り上げを上げるには、どうしたら良いのか?」 これは経営者でも、営業マンであっても、いつも頭から離れないテーマかと思います。 誰でも「楽をして売り上げをアップさせたい!」と心の中では思っています。(私も同じです・・・) そこで今回は、あまり難しく考えずにシンプルにどうすれば良いか?を考えてみました。   売り上げを上141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

新年度 集客・販促手法を見直してみるススメ

新年度を迎えましたが、つい忙しいと惰性で考えが及ばなくなりがちな「集客と販促」を考えてみました。 「新規のお客様を増やす」「既存のお客様からの売り上げを増やす」・・・ と一言で言うと非常に簡単ですが、現実はなかなか難しいですね!   すべての商売の基本は・・・ お客様を集める → 増やす → 商品を販売する 以上に集約141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

来店して貰いたい・購入して貰いたいお客様に出会うには・・・

スマホ(高機能携帯電話)の普及で、最近世の中が変わって来たなぁ~と感じる機会が増えて来たのではないでしょうか? インターネット通販にしてもお店探し(近くで買える商品探し)にしても「手のひら」(スマホの画面)での買い物や検索が近い将来ごくごく普通になるのではないでしょうか?   では、知りたい情報が「手のひら」(スマホの141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

顧客情報を利益に変えるには・・・

「顧客情報」または「個客情報」と一言で言いますが・・・ 実際には具体的にどう活用して、どう利益に変えれば良いのか?様々な手法などがインターネットやセミナー、書籍で出回っておりますね。 どれをどう活用すれば良いのか? 正直混乱してしまいます。 そこで、どんな業種でも応用できる「顧客情報」の活用はどんなものかを考えてみました。 &n141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

2012年予測キーワード「O2O」と「インタレストグラフ」

2012年、今年も参考になりそうな情報をお届けしますので、どうぞ宜しくお願い致します! さて、早速今年からの今後の動きを予測してみました。 2011年は本格的な“クラウド”のスタートで、2001年のIT革命と同じ印象を受けるほどの転換期でした。 (※クラウドを分かり易く言うと、インターネット経由でデータやサービスを保存したり、借141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

“限定”販促とお客様の隠れた切望

短期間で効果を見込む販促方法に“限定”があります。 インターネットのホームページの場合は、「エリア限定」(地方限定)で集客したり、あえて「季節限定」にして半年間しか販売しないなどのやり方を行うと広告費も抑えられたり集客も楽に行える場合は多いです。   しかし、最も悩ましい問題は「お客様は、単なる“限定”では動かない」と141 続きを読む