ランチェスター経営戦略

ランチェスター経営戦略

「接近戦の成約率をアップさせる方法は存在するか?その3」

今月の「ランチェスター経営戦略」 今回は、「接近戦の成約率をアップさせる方法は存在するか?その3」です。   今回も引き続き、お客様との接近戦(面会と直接会話)から、ご契約(成約)へ向けて 具体的にどのような会話や考え方を実行すれば成約率がアップするのかを考えます。   第一段階は、お客様が現時点で持つ不満や141 続きを読む

ランチェスター経営戦略

「接近戦の成約率をアップさせる方法は存在するか?その2」

今月の「ランチェスター経営戦略」 今回は、「接近戦の成約率をアップさせる方法は存在するか?その2」です。   今回も、お客様と接近戦(面会と直接会話)を通して、ご契約(成約)へ向けて具体的にどのような会話や考え方を実行すれば成約率がアップするのかを考える続きです。 第一段階は、お客様が現時点で持つ不満や不安、そして要望141 続きを読む

ランチェスター経営戦略

「接近戦の成約率をアップさせる方法は存在するか?」

今月の「ランチェスター経営戦略」 今回は、「接近戦の成約率をアップさせる方法は存在するか?」です。   今回は、お客様と接近戦(面会と直接会話)を通して、いよいよご契約(成約)へ向けて具体的にどのような会話や考え方を実行すれば成約率がアップするのかを考えてみました。 まずは、お客様が現時点で持つ不満や不安、そして要望な141 続きを読む

ランチェスター経営戦略

接近戦(面会営業)でのトークで勝率を高める方法はあるか?

今月の「ランチェスター経営戦略」 今回は、 「接近戦でのトークで勝率を高める方法は?」です。   小規模な事業主の新規の顧客獲得には、「お客様との接近戦」で落として行くのが最も近道であるとご紹介しました。   では、具体的にどのような方法で行うか?考えてみました。 今回は、最も大きな部分である「会話(トーク)」に焦点を141 続きを読む

ランチェスター経営戦略

「商品に差が無い場合、重要なのは接近戦」

今月の「ランチェスター経営戦略」 今回は、 「商品に差が無い場合、重要なのは接近戦」です。 「差別化」で競合他社に勝つと簡単に言いますが、「何を?」 「どう?」差別化するのか? 考えてみたが、どこでもやっている事と同じになってしまうなど、簡単そうに見えて実は難しい場合が多々あると思います。 現在は、商品やサービスの品質に大きな差141 続きを読む

ランチェスター経営戦略

「二乗の力の強力さ・・・」

今月の「ランチェスター経営戦略」 今回は、 「二乗の力の強力さ・・・」です。   コツコツと一騎打ちの考え方で、お客様と面会・接触を繰り返し、回数を重ねることで信頼を獲得、そして自分の顧客として取り込む。 これが「ランチェスター第一法則」 “弱者の戦略” で規模の小さい中小企業、個人事業者が活用することで効率良く、エリ141 続きを読む

ランチェスター経営戦略

「ランチェスター戦略を再び詳しくご紹介」

今月の「ランチェスター経営戦略」 今回からは、「ランチェスター戦略を再び詳しくご紹介」です。   論理的に明確な数字で勝ち負けを証明できるのがランチェスター戦略です。 上手く軌道に乗り、仕組を作って収益を挙げて続けている企業が、どのような経緯と過程を経て来たのか? それらをいろいろと詳しく分析してみると、ランチェスター141 続きを読む

ランチェスター経営戦略

「鬼十則を読んで解釈してみる」

今月の「ランチェスター経営戦略」 今回は、 「鬼十則を読んで解釈してみる」です。   長時間労働奨励や営業根性論で人気などのイメージがある「鬼十則」 私も営業の世界へ来た時に上司から見せられた経験がございます。 当時から現在までも、「体育会系のノリ」「根性営業」「勢い押せ押せ系」は、 私は大嫌いで嫌悪感しか感じません。141 続きを読む

ランチェスター経営戦略

「基礎・基本とは?」

今月の「ランチェスター経営戦略」 今回は、「基礎・基本とは?」です。   どんな内容でも「基礎や基本」が大切であると言われると思います。 「基礎がしっかりとしているから、経営が大きく傾くことは無い」と言われます。 では、具体的にどのようなコトが「基礎・基本」なのか? 考えてみました。   2017年からプロ野141 続きを読む

ランチェスター経営戦略

「意識をどこに集中させるか?」

今月の「ランチェスター経営戦略」 今回は、「意識をどこに集中させるか?」です。   事業・商売は、あるエリアで競合他社とのシェア争い、お客様の獲得競争です。 ここで、どれだけ効率的にお客様とご成約を結ぶことが出来るか? この活動に集中するわけですが、どこに意識を集中させるべきなのか?を考えてみました。   ま141 続きを読む