笠間自然薯研究会の自然薯

じねんじょ(自然薯)について

もともと山に自生するヤマイモです。
畑で栽培されるものは、今から約400年前に中国から伝来したものと言われています。

葉っぱは細長いハート型で白い粒上の花が咲きますから、夏など山で見かけたことがある方は多いかもしれません。
しかし、自然に自生するじねんじょ(自然薯)はその下に埋まっていて掘り出すのは一苦労・・・
イノシシの大好物でもありますから、1メートル近い大物を見つけることは至難の業
だから昔から「山菜の王者」と言われているのでしょうね!

笠間自然薯研究会では、じねんじょ(自然薯)の種である「ムカゴ」から種イモを栽培し、それぞれの会員がイノシシと格闘しながら山奥の畑で手塩にかけて育てています。

じねんじょ(自然薯)の素晴らしい栄養価

じねんじょ(自然薯)の価値は、その素晴らしい栄養価です。

昔から漢方薬で滋養強壮・止瀉、止渇作用がある八味地黄丸や六味丸などの原料で使われて来ました。
その他にもビタミンやミネラルも豊富で疲労回復や生活習慣病の予防・更年期障害などにも効果があると言われています。

また、アミラーゼなどの良質の酵素が豊富なので消化吸収作用が良いということで、スポーツの前の栄養補給に「とろろご飯」を食べて素早くパワーを発揮するという食べ方も紹介され話題を呼んでいます。

昔からお正月に「三日とろろ」と言われて来ましたが、豪華な食事で胃がもたれたところに消化吸収の良い「とろろ」を食べればさっぱりするという意味もあったのでしょうね!

昔の人から現代まで、じねんじょ(自然薯)の栄養は私たちを助けてくれているのです。

最近では、じねんじょ(自然薯)に含まれる「ディオスゲニン」と言われる栄養素が大手化粧品メーカーの研究で「美白効果」があるということでも注目されています。

たしかに、じねんじょ(自然薯)はすり鉢で擂ると「真白」でまるで餅のような弾力があります。
食べれば食べるほどパワーが湧いてきますから、いつも食べている私たち笠間自然薯研究会の面々はみんな精がついて元気な理由なのかもしれません(笑)

有機肥料100%栽培にこだわる理由

笠間自然薯研究会では、じねんじょ(自然薯)を有機肥料100%での栽培に徹底してこだわっています。
では、なぜ有機肥料にこだわるのでしょうか?

それは「土(土壌)」にあります。

いまは農薬や化学肥料の助けを借りなければ農作物でいいものは、なかなか出来ないという時代になってしまいました。
元々、じねんじょ(自然薯)は自然に自生していました。
それを畑で栽培するためには、出来る限り“自然”に近いかたちで栽培する必要があります。
「土(土壌)」を自然に近い状態にするのは当然のことと言えるでしょう。

山の恵みと言える栄養素をたっぷりと含む「土(土壌)作り」から、じねんじょ(自然薯)の栽培はスタートするわけです。
植物が本来持つ力を引き出してくれる有機肥料のみを使うことは、ごくごく当然のことなのです。

では、有機肥料とは何でしょう。

笠間自然薯研究会が使う有機肥料は、動物質・植物質・自給有機質・有機廃棄物の4種類の肥料成分に窒素・リン・カリウムなどをバランス良く配合しています。

しかし、畑の土(土壌)を自然に近づければ近づけるほど、困った敵が増えます。
土壌が良いところにはミミズが集まり、それを食べにモグラも集まる・・・今のところ最大の天敵はモグラとイノシシでしょうか。
またイノシシが好んで食べるということは、それだけ自然に近いという証拠です。

最高のじねんじょ(自然薯)を

自然に自生する天然のじねんじょ(自然薯)は、木の根っこの近くだと曲がったり太さもまちまち。
また天候やその自生する環境でも味などにばらつきが出てしまいます。
それがまた天然物の醍醐味でもあるのですが、良いものを見つけるのが大変!
そのため、値段もかなり高額になりがちです。

笠間自然薯研究会では、じねんじょ(自然薯)がまっすぐバランス良く伸びるようにパイプなどを使って工夫を凝らしています。
こうすることで、味も形も安定した最高品質のじねんじょ(自然薯)を皆様へご提供できるというわけです。

また、笠間自然薯研究会では次の年の「種芋」となるじねんじょ(自然薯)を、専用の畑を用意して出荷用のじねんじょ(自然薯)と全く同じ条件で栽培しています。
毎年、極上品質のDNAを受け継ぐじねんじょ(自然薯)を、安定してご提供する体制を整えております。

笠間自然薯研究会 会員のトーマス農園の美白とろろ

トーマス農園のじねんじょ(自然薯)は、化学肥料を使わず独自に「アープ・トーマスオルガ菌」を使用し、徹底した土作り、さらに土に与える“水”にまでこだわっています。
手間ひまかけて作られた畑から採れるじねんじょが美味しいのは言うまでもありません。
最高級品の『桐箱入り美白とろろ』は、テレビの優勝商品として取り扱われた逸品なのです。また、近年は楽天の「o-1グルメ素材部門 金賞」にも選ばれました。

Online Shop Info

[posts term=kasamajinenjo-shop]
[posts term=bihaku-shop]