販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

人間関係のストレスを無くし、円滑に仕事を進める考え方

ここ最近、改善が進んでいる「働き方」。
ブラック企業、パワハラ、長時間労働で心の病を発症・・・などは、
根本的な原因の大部分は人間関係のストレスに落ち着くと思います。

会社の上司や部下、取引先、お客様などなど、人間関係ですべてが成り立っています。

「働く方」をいくら改革しても、人間関係のストレスを改革せずには、根本的な解決解消と業務効率化にはつながらないと思います。
そこで、今回は人間関係のストレスを少しでも軽くする方法を考えてみました。

 

「自分と相性が良い人としか付き合わない」と、意識して仕事をしていても必ず次のような人は現れます。
(私の過去の経験から掲げてみます。)

・何を提案しても必ずマイナス発言をして否定する。(何かにつけて因縁を付けて足を引っ張り楽しんでいる)
・過去の落ち度を何年経ってもネチネチ嫌味として言い続ける。(この種の人間がいる限りイジメは存在する)
・鎌を掛けて来る。(ウソをついて、こちらに喋らせるように仕向けて来る)
・揚げ足を取る。(言葉ジリを捉えて、バカにして来る(自分では芸人気取りらしい)
・暴力的な言葉で大声で怒鳴り威嚇して来る。(恐怖を与えているつもりらしい)

以上、もっとも厄介で解決は困難、感情的には殺意さえ抱きたくなるような人間が身近にいると仮定します。
では、こんな最強の厄介者と仕事や取引を続けなければならない状況での具体的な考え方(心の置き所)は次のように思います。

まず、なぜその人はそれほど厄介で攻撃的なったのか?その原因は何か?
・・・それは「自分の抱える不安を解消したい、また自分の地位や環境を守りたいために、他人を攻撃している可哀そうな人である。」と考えます。
他にも、被害者意識の強い人、思い込みの激しい人、自分の思い通りにコントロールしたい支配意欲の高い人、
などこちらの勝手な解釈をしておきます。

そして、ポイントは「その人の良い部分を一つでも意識して探し、そこしか見ない」ようにします。

どんな厄介者や面倒な人でも、最低でも一つくらいはマトモで良い部分を持っています。
そこだけを意識して探し、他は受け流しておけばストレスはかなり軽減されると思います。

難しいかもしれませんが、まずはお試しください!

 

いづれにしても、他人を常に攻撃して来る厄介な人間は、相手にせず放置しておけば
遅かれ早かれ消え失せますからご安心ください。

くれぐれも応戦しないように! 相手の思うつぼで泥沼に陥ります。

 

 

Point

攻撃的な性格の人が増加傾向

その原因は?

◇外的要因
高度なIT機器の発達で電磁波が無数に飛び交う環境から脳や自律神経に異常を来す。
加工食品の増加で良質な栄養不足。

◇内的要因
社会構造の急激な変化に対応する適応力が追い付かないために、心身に見えない過度な負担が掛かっている。

冷静で客観的な視点が必要

 

英彩人 旬報 2018年9月号より

 

 

コメントを残す

*