販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

販促の反応率をアップさせるには?

事業活動を行っていれば、新規の顧客開拓と既存顧客の維持で事業を継続させることは当然です。 そこで欠かせないのが、チラシ・カタログ・名刺・ホームページなどの販促物と、そこに掲載する販促企画や内容です。   お客様からの反響を得るために色々と考えるわけですが、即効性を期待しても、なかなか期待以上の結果はすぐに出て来ません。141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

広告する商品の発想を変えてみる。

自社で販売したい商品やサービスがあれば、いろいろな媒体を使って広告したり、PR(Public Relationsパブリックリレーションズ)=「消費者の共感を得る活動」を行うのは当然だと思います。 しかし、単に広告やPRを行っても、なかなかすぐには効果を得られないこともあります。 要は、「お客様からの共感を得られない」ということで141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

クレームを収益に変える企画を考える

お客様からのクレーム(商品やサービスに対する苦情や改善要求)は、出来ればないほうが精神的に楽です。 クレームが出ないように注意を払ってサービスを運営するのが求められるのは当然と言えます。   しかし、今回は発想を変えて「お客様のクレームを収益に変えるネタに出来るか?」を考えてみました。   あまりにも頻繁に同141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

安定して収益を挙げ続けるために必要なこととは?

新しい年号に切り替わる2019年、気が付くと今回で100回目です。 100回目だからと言って、「何もしないでお客様と売り上げが自動的に増えるネタ・・・」のような魔法も手法もございません。 引き続き、淡々とコツコツと実践して行けば事業が安定して末永く継続して行けるヒントになる情報をご紹介して参ります。 まずは、経営と営業・事業活動141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

お客様をご成約へ導くシンプルな内容のおさらい

経済活動とは、言葉の意味から見てみますと「経世済民」(世を経(おさ)め、民を済(すく)う)の通り、広い意味でこの世の中、商品売買など商取引が中心で動いています。 もっと売るためには、どうすればいいのか?・・・など 難しく考えてしまう場合が多く、考えれば考えるほど複雑に感じて、最後には嫌になってしまう。 これが、営業セールス活動が141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

AIに仕事を奪われない考え方はあるか?

AI(Artificial Intelligence:人工知能)の普及で、仕事がどんどんロボットなどに取って替わられて無くなる・・・という言葉を頻繁に見たり聞いたりする時代になりました。 このような言葉が頻繁に出て来たということは、すでに徐々にどこかでは取って替わられている状況です。 「ウチの業界は、まだ大丈夫だろう・・・」 「141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

「モノ(商品)を売らず、コト(体感)を売る」へ導く具体的な方法

「モノ(商品)を売らずに、コト(体験や体感)を売れば、もっと楽に売れるようになる。」とは、よく聞くキーワードです。 しかし、頭では分かっていても、実際にどのように行動すれば良いのか? なかなか難しい局面があると思います。 「体験や体感を売ろう!」と意気込んでも、お客様の要望よりも、いつの間にか効率や収益をメインに考えてしまい、モ141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

人間関係のストレスを無くし、円滑に仕事を進める考え方

ここ最近、改善が進んでいる「働き方」。 ブラック企業、パワハラ、長時間労働で心の病を発症・・・などは、 根本的な原因の大部分は人間関係のストレスに落ち着くと思います。 会社の上司や部下、取引先、お客様などなど、人間関係ですべてが成り立っています。 「働く方」をいくら改革しても、人間関係のストレスを改革せずには、根本的な解決解消と141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

お客様の声(感想)に営業マンになってもらう方法

広告やDMによく掲載されている、「購入したお客様の声(感想)」。 購入に前向きになっている状態のお客様にとって、この「お客様の声(感想)」は、実際に購入する前、 そして購入した後を事前に疑似体験(シミュレーション:Simulation)出来る、重要なコンテンツです。 お客様は購入をほぼ決めると、その商品を購入することに関して自分141 続きを読む

販促旬報 --集客に役立つ販促ネタ--

お客様の視点(顧客視点)って具体的に何?

購入する(お金を出す)お客様の立場に立って考えろ・・・ お客様の視点(顧客視点)の心理で考えないからダメなんだ・・・ 顧客視点中心でお客様満足度の向上を目指します!   などなど、事業内容の目標や頑張るためのスローガンとしてよく出て来るのが「お客様の視点(顧客視点)」です。 しかし、聞こえが良い言葉だけに、分かった気分141 続きを読む