ランチェスター経営戦略

ランチェスター経営戦略

自社商品・サービスの差別化戦略2

今月の「ランチェスター経営戦略」 今回は、「自社商品・サービスの差別化戦略2」です。   今回は、一般的に言われる「弱者の差別化戦略」で、具体的に「どのように?」意識して実践して行くかを考えてみました。   「差別化」と言っても、世の中では同じようなモノが溢れています。 そんな中でも、安定して売れ続ける状態が141 続きを読む

ランチェスター経営戦略

自社商品・サービスの差別化戦略

今月の「ランチェスター経営戦略」 今回は、「自社商品・サービスの差別化戦略」です。   競合他社と比べて優位に立ち、新規のお客様に自社の商品やサービスを選んで貰う。 そのためには、自社商品・サービスの明確な差別化が何よりも重要なポイントです。 しかし、それは当たり前だと分かっていても、実際には「自分だけ差別化しているつ141 続きを読む

ランチェスター経営戦略

「真に接触すべきお客様を考える」

今月の「ランチェスター経営戦略」 今回は、「真に接触すべきお客様を考える」です。 小規模事業者の効率的な販売・営業戦略は、エリアを絞って局地戦でお客様との接触回数をキープし、 提供する商品・サービスのカテゴリーも1つに集中して徐々にシェアを広げて行くという内容です。 (ランチェスター第一法則と市場占拠率の目標値) どこ(エリア地141 続きを読む

ランチェスター経営戦略

「時間を味方に付けるための考え方」

今月の「ランチェスター経営戦略」 今回は、「時間を味方に付けるための考え方」です。 「長時間労働」、「長時間残業で心身のバランスを崩し自殺」、「長時間労働=ブラック企業」など、 ここ数年は労働時間が大きな問題になっています。 国も「働き方改革」として対策を進めるまでになりました。 そこで今回は、この時間をどのような考え方で味方に141 続きを読む

ランチェスター経営戦略

「物事を上手く進めるための考え方」

今月の「ランチェスター経営戦略」 今回は、「物事を上手く進めるための考え方」です。   ランチェスターの第一法則は、1対1の一騎打ち、接近戦、エリア局地戦で新規開拓を行うため、小規模事業者(俗に言う弱者)にお薦めの方法。    ランチェスターの第二法則は、1対1ではなく集団と集団の広域戦での新規開拓方法になる141 続きを読む

ランチェスター経営戦略

「1対1の個別攻撃の威力 その5」

今月の「ランチェスター経営戦略」 今回は、「1対1の個別攻撃の威力 その5」です。   すぐにでも成約する確率の高そうなお客様 この先、半年から2年以内で成約しそうなお客様 今現在は、成約の可能性が全くないという印象のお客様   以上、おおまかには3タイプのお客様が存在します。 訪問を繰り返すうちに、成約の見141 続きを読む

ランチェスター経営戦略

「1対1の個別攻撃の威力 その4」

複数回の訪問・面会活動でお客様の見込み度合を判断。 成約候補となるお客様(見込み客)の数と、ある程度の情報を集めました。   以上が、準備期間で、いよいよ成約へ向けての活動となります。 では、ここから先に何を聞き出して、どのような活動内容を行うのか? ご紹介しつつ、考えてみます。   それまで約3回は訪問し、141 続きを読む

ランチェスター経営戦略

「1対1の個別攻撃の威力 その3」

今月の「ランチェスター経営戦略」 今回は、「1対1の個別攻撃の威力 その3」です。   狭いエリアで一点に集中した商品やサービスを、一人一人のお客様と接近戦を繰り返して提案する。 この通称、「ランチェスター第一法則」(弱者の戦略)と言われる内容で、複数回の面会を繰り返して集めた「お客様の情報」。   今回は、141 続きを読む

ランチェスター経営戦略

「1対1の個別攻撃の威力 その2」

今月の「ランチェスター経営戦略」 今回は、「1対1の個別攻撃の威力 その2」です。   小規模な“弱者”が、戦うポイントは・・・ 範囲を絞った「局地戦での訪問」、一人一人と面会する接近戦 そして商品やサービスは、一点集中に絞る。 以上が通称、「ランチェスター第一法則」(弱者の戦略)と言われる内容です。   活141 続きを読む

ランチェスター経営戦略

「1対1の個別攻撃の威力 その1」

今月の「ランチェスター経営戦略」 今回は、「1対1の個別攻撃の威力 その1」です。   小規模な“弱者”が、シェア拡大を目指して実行する営業戦略は、 エリア(地域を絞って決めたテリトリー)を局地戦で訪問する。 お客様一人一人と面会し、接近戦で信頼関係を築く。 商品やサービスは、一点集中に絞って提案する。   141 続きを読む